2006年05月07日

WM Recordings

僕が見てきた限り、ネットレーベルを通じて発表される作品のほとんどには、正方形の画像が「ジャケット」としてつけられている。各作品は、曲数や収録時間によってEPやLPとしてリリースされる。

CDやレコードのように物理的なメディアの制限を受けずに聞かせることのできるネットオーディオのリリースは、本来1曲単位だろうが100曲まとめてのリリースだろうがかまわないはずだ。しかしアーティストたちは、作品にジャケットをつけ、EPやLPとして発表する。

僕らが慣れ親しんだCDやアナログのフォーマットを模倣することで、わかりやすさはあるだろう。それだけ既存のフォーマットのサイズが、メディアとして機能的に洗練されているのかもしれない。また、もしかしたら旧メディアへのノスタルジーのようなメタな感覚が含まれているのだろうか。


スプリット盤というのはCDでもあるけれど、レコードやカセットテープのようにA面B面のあるメディアが主流だった時代にはよく見かけたリリース方法だった。インディーズなんかで、つながりのあるアーティストがそれぞれA面とB面に収録されたのがスプリット盤だ。

WM041werenotinit.jpgオランダのネットレーベルWM Recordingsの最新作として知った“We're not in if for the money”が、スプリット盤形式だった。この作品は14曲入りのオムニバスで、Rallehond Recordsとのダブルネームになっている(Rallehondのサイトでもまったく同じ作品がリリースされている)。お互いが過去のリリースから7曲ずつを提供し、1曲ごと交互の曲順になっている構成。もともとはレーベル・サンプラーのような意味で、プロモCDRとして制作されたらしい。

サウンド的にはアコースティック寄り。個人的に最近電子音中心の曲を多く聞いているからかもしれないが、人の声、歌、アコースティックな楽器の質感が心地よい。今日は朝からBGMとして何度も繰り返し聞いている。

05. CobSOn - Kidding (WM Recordings)
12. TROY - De reis (Rallehond Records)


WM016Salam.jpgWM Recordingsのカタログを見ると魅力的なジャケットが並んでいる。すべて聞いてみたい。とりあえずジャケットを見渡してダウンロードしたのはSalam“Salam”

ネットレーベルの作品としては珍しいアフリカ系。バイオリンやアコースティック・ギターなどシンプルな構成のバンドによるライブ音源。

01. Laaré


CCでのリリース。


posted by 犬TV at 14:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く - netlabel, CC

Who Owns Culture?

Who Owns Culture?(YouAreTV)

WhoOwnsCukture.jpg

ローレンス・レッシグ教授のスピーチ+スライドのビデオ。20分くらい。スピーチ自体は昨年2005年4月のもの。

"Who owns Culture?"のビデオ(CNET Japan Blog - Lessig Blog (JP) 2006/04/11)
posted by 犬TV at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

放送→2.0?

フランス国立視聴覚研究所(INA)がネット公開した番組10万本の衝撃(B3 Annex 2006/05/03)
 →ソフトがタダになる時代(たけくまメモ 2006/05/05)
 →タダより儲かるものはない時代はくるか?(404 Blog Not Found 2006/05/06)
 →FIFTH EDITION(FIFTH EDITION 2006/05/05)
 →[memo]著作権、オープンソース、無形資産(DESIGN IT! w/LOVE 2006/05/06)

英国BBC放送のWeb2.0計画『クリエーティブ・ヒューチャー』の衝撃!!(FPN 2006/05/01)
 →BBCの「Creative Future」構想が意味するもの(B3 Annex 2006/05/03)

NHK番組のインターネット配信は2007年度にも全面解禁(スラッシュドットジャパン 2006/05/05)
NHK懇談会が中間報告 アーカイブスのネット公開(Kißlegg's blog 2006/04/22)
フジテレビの動画SNS「Watch Me!TV(ワッチミー・ティービー)」は成功するか?(ソーシャルネットワーキング.jp 2006/05/06)

Skype 2.5ベータ+SkypeCastプレビュー(Skype日本語ブログ 2006/05/03)
 →最大100人参加の会議通話ができるSkypecast発表(スラッシュドットジャパン 2006/05/04)


この手のサービスの成否の鍵は(……ってそんな話はあちこちでさんざんされているのだと思うけど)「公共性」にあるのではないかと思う。「公共」という言葉が意味するものをどうイメージするかということにも関わってくる。

制作者の権利は保護されるべきだし、企業や組織や個人の生活を維持するためには利益や報酬を生み出さなくてはならない。その一方で、自らの持つ資産を、顧客だけではなく「みんなのもの」として公に投げ出すことがなければ、情報サービスは成立しない。業種にもよるだろうが、多かれ少なかれそういう要素があるのではないだろうか。文化事業とか寄付とか地域貢献とかをしなくても、社会から利益や報酬を得ようとすれば、その主体は公共的な存在にならざるを得ない。

デジタルデータに変換された資産をインターネットというインフラを通じてリリースするとき、その情報にどのような制限をつけるか、つけないか。それによって実現された公共性をどのように利益に結び付けていくのか。昨今のウェブに関するなんやかんやを通して、利益だけでなく公共性だけでもなく、それらの相互作用によって成り立つモデルが模索されているのではないだろうか。


リンクの最後のSkypeCastは100人参加の会議通話。いろいろな使い方がありそうだ。役所や大企業の既得権を守りたい姿勢丸出しで放送と通信の融合云々の話が進んでいく一方で、個人レベルで100人ネット会議みたいなことができてしまう。その建前と現実の乖離はかなり致命的な気がする。
近そうで遠い「通信と放送の融合」の夜明け(森祐治・情報経済を読み解く 2005/12/02)
posted by 犬TV at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - 総合

2006年05月06日

ネットレーベル x3

AUDIO:808
アルゼンチンのネットレーベル。音的にはミニマル。日本人(たぶん)アーティストDitchの3曲入り"Kju-go"(→archive.org)が最近のリリース。
A1_deflower
B1_resarch
B2_painless


PEROMUSIC
拠点はカナダのモントリオール。レーベル名の由来は、中心人物の名前がPEROだから。音はハウス。サイトのデザインは黒主体で暗いけど、実際会って見たら愉快な人たちでしょう。根拠はないけどそんな気がします。去年の7月からリリースがないのは非常に残念。DJミックスもあるよん。


Uran97
ネットレーベル関連サイトを巡っていると頻繁に目にする名前っつーのがあるもので、ドイツのUran97もそんな感じ。それだけアクティブで気合が入ってるってことだろう。アナログもリリースしてたりする本格派。最新リリースはFreak - Stylistic EP [uran97 #031]
1. Das Minimum
2. Latin Culture
3. Summer Nights

追記:
[Net Label] Freak - Stylistic EP(DIGITAL DJ 2006/05/30)
posted by 犬TV at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(1) | 聴く - netlabel, CC

Mexican Institute of Sound

The World: Global Hit (2006/04/28)

MIS.jpgメキシコシティのお洒落アンダーグラウンド音楽クリエイターCamilo LaraによるソロプロジェクトMexican Institute of Sound略してMIS。彼はヘビーなレコードコレクターであり、作品の中ではコレクションの一部がサンプリングされている。で、昼間はEMIメキシコの副社長なんだとか。上記リンク先はインタビュー。試聴とかは、下のリンクからいっといて。

Mexican Institute of Sound(Global Music Store :: calabashmusic.com)
Listen to podcast: Song from Mexican Institute of Sound Debut Album(Hispanic Marketing & Public Relations 2006/03/01)
Mexican Institute of Sound (MIS) - Debut Album Out Feb. 21st(Latin Music News 2006/01/19)
posted by 犬TV at 07:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く

Girls called "Xahrizada" from Uyghur(ウイグル・ポップ)

Xahrizada.jpg

Uyghur Pop(THE OPPOSITE END OF CHINA 2006/03/15)
※中央アジア・ウイグルの女の子3人組グループ“Xahrizada”のPV。
via:
【U-POP】東トルキスタンPOPS『ウイグル三人娘』(極東情報網録 the Far East News Net blog 2006/03/19)
ウズベキスタンのウイグル人歌手 Xahrizada(真silkroad? 2006/04/15)

ビデオをアップロードしたのは、ウイグルのカルラに滞在する米国人Michael D. Manning氏。グループ名やタイトル、歌詞の内容などの情報がほとんど不明の状態で、Manning氏はこの映像をGoogle Videoにアップし、自らのブログTHE OPPOSITE END OF CHINAにembedで貼り付けた。ビデオに熱狂するManning氏の興奮が伝わってくるようだ。その後、エントリへのコメントなどを通じて、グループ名“Xahrizada”をはじめビデオの情報が断片的に集まる。だが公式サイトがあるわけでもなく、謎めいたままの彼女たちは、荒い映像の中でオリエンタルな微笑をたたえ、歌い、踊る。→別のビデオ@YouTube

まずは上のリンクから映像を見て、惹かれるものがあれば続きを読んでほしい。ちなみに俺は写真左の子が好みだな、でへへ。


続きを読む
posted by 犬TV at 04:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く

2006年05月05日

日本革命的共産主義者同盟革命的マルクス主義派、略して「革マル」

まずは前置き。
VladことVladimir氏の名前を知ったのは今から10年前くらいだったか。alt.なんとかかんとか.hackintoshとかいうニュースグループで外人たちと情報交換しているのを見たのが最初だと思う。既にその筋では有名な人だった。昔も今も彼がどんな人物なのかはよく知らないけど、「ハッカーなんちゃら」なんていう書籍や雑誌で多くの原稿を書きながらも、他のその手の有名人たちとは明らかに何かかが違う独特な存在ではあった。

最近ではジハード・ウォッチャーとして、相変わらず世界(の一部)から熱い注目を集めている模様のVlad氏。一方日本国内では、北朝鮮ウォッチャーとして「正論」「現代コリア」といった雑誌に寄稿している。「サイバー北朝鮮」という著書もあるし、だいぶ前にレインボー通商を紹介していた記事を読んだ記憶があったので、その道に通じていることは知っていたものの、硬派な雑誌の目次にある「ウラジミール」の名前には不思議な感慨があったりなかったり。

独自の北朝鮮情報で業界?も注目するNorth Korea Todayにちょっと異質なエントリがあったので気になった。やっと本題。

続きを読む
posted by 犬TV at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ

Fabryka from dharmasound.com

続き
Machtdoseのポッドキャストを聞いて印象に残った曲からたどる……。その2。

DHS0016.jpgFabryka - Testing toys (dharmasound.com)
なんでFabrykaが気になったかというと、ボーカル入りの曲だったから。しかも女の子。
サイトを見ると、イタリアのグループでメンバーは4人のバンド編成(+1VJ)。ほどよいエレクトロニカ風味、ポップな味わい。6曲入り“Testing toys”[DHS0016]は、ネットレーベルdharmasoundから。

02 - A cure
06 - Hang on (or dont go) - Acidhead remix
※リンクは生きてるけど、プレイヤは動かないかも。

関連:
.:: Fabryka ::: Official WebSite ::.
Fabryka(MySpace)

dharmasoundの他のアーティストのリリースはほどんど聞いていないんだけど、どんな感じか気になるところ。ポップな方向だけを見ているって訳でもないみたい。リリースはすべてCCで。

続きを読む
posted by 犬TV at 06:36 | Comment(1) | TrackBack(0) | 聴く - netlabel, CC

BEDROOM RESEARCHとDOMOKUN

続き
Machtdoseのポッドキャストを聞いて印象に残った曲からたどる……。

まず1曲目のOrange Zebre。鉄琴系?の音で構築された不思議で優しい曲の感じが気に入ったので、所属するBEDROOM RESEARCHのサイトへ。

BEDROOM RESEARCHはフランス拠点のネットレーベル。ジャンルとしてはIDM、エクスペリメンタルって感じ。全体的にいたずら心というか「おもちゃ」っぽい世界観を感じさせる。悪戯と書いてい・た・ず・ら。サイトのデザインというか色使いというか各リリースのジャケットワークも素敵。さすがパリジャン。曲はすべてCCで。ただしデータは各リリースごとにZIPで固められたファイルのみ。

64Chaos_TimeS_.gif最近のリリースから聞いていって、Orange Zebreのほか、THIAZSCHDEEWORKGENJINIなども良かったが、一番印象的なのは64CHAOSだ。なぜならボーカルの女の子が日本語使い。英&仏語も交えて独特の世界を構築している女の子シンガー(ラッパー?)+ファミコンライクなサウンドにメロメロ。BEDROOM RESEARCHのサイトでは試聴できないけど、64CHAOSのサイトでインベーダーをクリックすると。プレイヤが出てきて1曲ずつ聞ける。BEDROOM RESEARCHから2005年にリリースした“TIme S”収録曲以外の曲も聞けた。


modulo_03_DOMOKUN.jpg余談。BEDROOM RESEARCHのサイトに貼っつけてあったフライヤを見る。あぁここでもネットレーベルがクラブイベントとリンクしているんだなあと思いながら目に付いた名前DOMOKUN。ドーモくん。って、あのドーモくん? てな訳で、フライヤに書かれていたwww.tsukuboshi.comへ。インタフェイスが少々めんどい。どうやらDOMOKUNはアルバム(CD)“Small”をMODULO recordsというところから2月にリリースしたらしい。何曲かをtsukuboshiのサイトから試聴できる。tsukuboshi.comからは昨年リリースされたコンピレーションをダウンロードできるが、そこにもDOMOKUN作品が1曲収録。MySpaceにDOMOKUNのページを発見。ここでも曲が聞ける。→“Small”のレビューCUEMIX MAG)。


続く。
posted by 犬TV at 03:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く - netlabel, CC

2006年05月04日

一日遅れて憲法記念日



「チョムスキー 9.11」を撮ったジャン・ユンカーマン監督の作品「映画 日本国憲法」が、シグロシアターというサイトで無料ストリーミング配信された。映画の後には監督と山上徹二郎プロデューサーのトークを生中継。おもしろい企画だとは思うけど、映像は止まりまくるし音も切れ切れで作品を観たっていえるほどの感じでもなかった。PCも回線もそんなに悪い環境じゃないと思うんだけど。残念。ただ、こういう映画があるってことと、どんな感じの映画かはおおまかにわかった。出演は、ジョン・ダワー、日高六郎(→関連)ほか。あと、たぶんB.S.ゴードンと思われる女性も出ていた。日本で育ち終戦当時20代前半でGHQの職員だった彼女は、憲法草案の作成という大仕事に関わり、特に現憲法での両性の平等については、彼女が様々な国の憲法をリサーチしながら書いた草案が元になっている、と読んだことがある。


前衛詩としての憲法9条 ザ・ムービー(イルコモンズのふた 2005/11/30)
イルコモンズこと小田マサノリ氏による映像作品。「憲法9条の英語原文をGoogleの自動翻訳プログラムで日本語に自動翻訳したものからはじまって、次に、第9条の日本語原文を英語に自動翻訳した後、それをもういっぺん、日本語に翻訳したもの、そしてさらにそれを、フランス語、イタリア語、ドイツ語に自動翻訳した後に、もういっぺんそれぞれを日本語に翻訳しなおして、前衛詩のように書き換えたものをIBMのテキスト自動読みあげシステムで朗読し、それにバックトラックとグラフィックイメージをつけたもの」。mpg2 439MB 9分12秒


湾岸戦争のときに、いとうせいこうと藤原ヒロシが、憲法9条をプリントしたTシャツを作ってたような。なんてことを、ふと思い出す。藤原ヒロシが作ったTシャツを、いとうせいこうが紹介していたのを見たのかもしれない。


映像で見る「激動の昭和史」第3回 5月3日[日本国憲法 誕生](日本映画専門チャンネル)
NHKが1996年に放映したドラマ「憲法はまだか」。日本国憲法が作り上げられていく過程を描いている。原作はジェームス三木、演出・重光享彦。全体的に史実を再現しようとしながら、新しく作られる憲法を象徴する架空の存在「包帯男」が現れる。
憲法はまだか(ウィキペディア)
憲法はまだか※田村さんという人のサイトから。


ウィキペディアついでに。
日本国憲法
憲法改正論議


記者の目:MSN毎日インタラクティブ
※5月3日付けで、いろんな部署の記者が憲法について書いている。
posted by 犬TV at 05:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタ

ここ数日のダウンロード音楽

V.A. / interconnect (stmnet004)
interconnect.jpgネットレーベルstratagemから、8曲入コンピレーション“interconnect”がリリース。日本のBump Footから、tatsuとzucchiniが参加し各1曲ずつ提供している。ミニマルテクノ。stratagemはカナダ拠点のネットレーベルで、今回のリリース以前には3作のコンピレーションを発表している。CCでのリリース。
[Netlabel] (stmnet004) Interconnect (オンライン依存性症候群 2006/05/02)
03: jamie kidd / the grab
06: deemah / one


irish / manufactures (mn010)
irish__manufactures.jpg日本のネットレーベル-Nから、irishによる“manufactures”。2003年に制作&CDRでリリースされた作品のリマスター版とのこと。作品のページに掲載されたコメントを読んだ上での感想としては、手作り感の溢れる、日常生活というか普段の感覚を写し取ったような、そんなエレクトロニカ。CCでのリリース。irishの最近の作品は、test tubeというネットレーベルから2005年に2作、MIMIから2004年に1作。未聴。ごめん、連休中には聞くぐらいな感じで。
mn010「manufactures」出ました!!(irish conversation practice 2006/04/25)
03: daidokoro 1 -reception-


netlabels podcast mai 2006
_machtdose_mai06.jpgぼーっとリンクをたどっていくうちに到着したような感じのポッドキャスト。ネットレーベルの曲をいろいろと紹介しているようだが、サイトのテキストもポッドキャスト内での喋りもドイツ語なのでさっぱりだ。てか、ドイツ語なのかどうかも正直よくわからない。翻訳コンニャクさえあれば……。でも、選曲は良かった。あまりダンスに特化してないエレクトロニカっつーか、歌モノもあったりして。
Machtdose Netlabels Podcast Mai 2006(128kps, 56:50 Min, ca. 54,5 MB)


1回ここで切る。続く。
posted by 犬TV at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く - netlabel, CC

2006年05月02日

パレスチナのヒップホップ

slingshothiphop.jpgSLINGSHOT HIP HOP - the Palestinian lyrical front

パレスチナのラッパー達の姿を収めたドキュメンタリー。サイトでは予告編も公開されている。監督はパレスチナ系アメリカ人Jackie Salum。2006年完成予定とのこと。

この作品の制作を支援するためにリリースされたCD“Free the P”には、映像にも登場するイスラエルのアラブ系グループDAM(Da Arabian Mc's)や、ガザ地区のP.R.(Palestinian Rappers)のほか、アメリカのパレスチナ人グループThe PhilistinesIron Sheikなどが楽曲を提供している。サイトでは試聴も可能。


続きを読む
posted by 犬TV at 04:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年05月01日

The Rhythm Method DLP

THE RHYTHM METHOD DLP / VA : Experimedia [EXP036]
archive.org

1-exp036.jpgネットレーベルExperimediaから36番目のリリースは、所属アーティストによるコンピレーション。28曲で約160分という“double LP-length”なボリューム。

各曲単体としては、チルアウト、トリップホップ、エクスペリメンタル、IDMからテクノポップ風味までと幅広く、全体的に四つ打ちでガンガン踊らせるって感じではない。いかにもヘンテコってわけではないけど、半ひねりぐらいの心地よさ、それはこのレーベル自体の傾向かもしれない。リンク先のページの一番下に試聴機みたいなプレイヤがあるのでそれで聞いてみて。

前半戦から良かった3曲。いや、全部通しで何回か聞いたんだけど、あえて前半から。全体的な幅の広さを象徴していないというか、さわやか系に偏った感じで。

104: nick s - machine funk
106: Milieu - Pileus (Infinite Edit)
115: mrs jynx - trigger for a train of thought

Experimediaからのリリースは、すべてクリエイティブ・コモンズBY-NC-SAで配布されている。余談だが、先日クラッカーに侵入されてページを書き換えられちゃったらしい。→Experimedia Hack !?(Music Forest 2006/04/10)

そんなExperimediaのサイトの特徴は、ネットレーベルであると同時に、アーティストのオンライン・コミュニティとしてのカラーを打ち出しているところにある。ユーザ登録は誰でも可能で、様々な話題についてのフォーラムやプライベート・メッセージなどのコミュニケーション機能のほか、サウンドや画像をアップロードできる20MBのディスクスペースが用意されている。

このコミュニティは今のところ、それほど活発に利用されているようには見えない。が、ネットレーベル+オンライン・コミュニティというサイトの構造には可能性があるような気がする。例えばGarageBand.comのようなアマチュア・ミュージシャンのためのコミュニティ・サイトでレーベルを立ち上げられる機能とか、小規模なSNSとしてネットレーベル+コミュニティを構築できるサービスとか、そのSNS同士の横のつながりとか、まあ思いついただけだけど。

Experimedia.net : Netlabel & Community
posted by 犬TV at 01:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 聴く - netlabel, CC

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。