2006年05月12日

タイで犬ラジオ開局

dogradiothailand.jpgDog Radio Thailand

という訳で、タイに犬向けの24時間オンライン・ラジオ局が誕生。Bangkok Postの紹介記事(※)は、DogRadioThailand.comに転載されてるし、Googleのキャッシュでも読めちゃったりするのだが、ラジオ局を運営するAnupan Boonchuen氏が熱い想いを語っている。


続きを読む


posted by 犬TV at 09:21 | Comment(3) | TrackBack(1) | 放送 - アジア

複数の視点 「撮られっぱなし天国」と台湾アイドルとチボ・マット

2004年10月にNYのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたコンサートを収録したビースティ・ボーイズ“AWESOME; I FUCKIN’SHOT THAT!”

awesome.jpg予告編:
Oscilloscope Laboratories

コンサートの模様を収めたカメラは61台。そのうち55台は会場のファンに配られ、観客の視点で撮影された。撮影に関して素人の彼らは事前に「やりたいことをやれ、ロックしろ、映画制作者になりきれ、舞台裏に忍び込んでみろ、ただし、テープは回し続けるんだ」という簡単な指示だけを与えられたという。ビースティーズのメンバーでこの作品を監督したMCAことアダム・ヤウクによれば「平均で1分あたり75のカットが入っている」そうだ。

会場のファンたちと撮影・共作したコンサート映画(HOTWIRED 2006/01/23)

ビースティーズはベテランだしオーソリティだしコンサートの規模はでかいし“Awesome〜”には120万ドルという制作費がかけられている。だがMCA監督はこの映画の目標を「初期のパンクやヒップホップのムーブメントに見られた『手作り』の精神をつかむこと」としている。大量の素人ビデオが次々とカットアップされる映像を、従来の一般的なコンサートフィルムと比べて質が低いということもできるだろう。「標準化された」ライブ映像からは伝わらないグルーブを“Awesome〜”は生み出すことができたのか、観るのが楽しみだ。

“Awesome〜”のスタイルが、どのように認知されるかはともかく、ビデオが身近な存在になりネットを通じて共有される近頃の感覚とリンクしているのは間違いない。この作品を自ら“authorized bootleg(公認の海賊版)”と呼んでいるのも、メジャーアーティストとしてはオープンソース寄りのスタンスを保ち続けてきたビースティーズらしい。彼らは、まだYahoo!のアドレスがakebono.stanford.edu/yahooだった頃からオフィシャルサイトを立ち上げていた。最近では、WIRED誌によるクリエイティブ・コモンズのライセンスつきCDに楽曲を提供したり、マッシュアップ用に公式サイトでボーカルトラックのデータを公開したり。アートフォームとしてのオールドスクール・ヒップホップを愛し続け、実践し続けてる感じが素敵じゃないですか。

“AWESOME〜”は今年1月サンダンス映画祭での初上映を経て3月末からアメリカで劇場公開されていた。さらにアメリカでは7/25にDVDリリース。東京でも7/29から劇場公開される。邦題は「撮られっぱなし天国」。なんだよそのタイトル。

関連:
ビースティーのあの映画、DVDリリース(tonotype 2006/05/10)
Beastie Film(C O U L D 2006/01/11)
映画 『 Awesome: I Fuckin' Shot That 』(Listen Up 2006/03/19)
BEASTIE BOYS(BARKS)


続きを読む
posted by 犬TV at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。