2006年05月27日

Acidhead "Time is Gone" from dharmasound

Acidhead / Time is gone [DHS0018]

DHS0018_booklet.jpg前に書いたFabrykaの“Testing Toys”でリミックスを手がけていたAcidheadが、同じネットレーベルdharmasoundからリリースしたソロワーク5曲。叙景的なダウンテンポ、チルアウト。ゆるーいビートにのせてコードが展開していく。3曲目の“Pass by”は、そのハーモニーに女性ボーカルが乗った美しい曲。歌い手さんのクレジットを探したけど見つからず。4曲目“High”の転調が気持ちいい。ジャケットに記載されたwww.notyet.itっていうサイトも気になるけど、詳しいことはわかりません。
→関連:Acidhead / Time is Gone(syamaoka::blog 2006/05/16)

01 - Time is gone
02 - Ewnoc 4
03 - Pass by
04 - High
05 - Wires


dharmasoundの最新作Riccardo D'Angelo “Dove fermano i treni”[DHS0019]は、ショートストーリーの朗読作品。原作のPDFファイルと写真のJPEGファイル、音楽をバックにした朗読と音楽のみのMP3ファイルがセットでひとつの作品としてリリースされている。

dharmasoundからの作品はCCのBY-NC-NDライセンスでリリース。


posted by 犬TV at 22:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | 聴く - netlabel, CC

Elephants Dream

Elephants Dream

s5_both_t.jpg全てオープンソースのソフトで作られた3DCGアニメーションのショートムービー。

データがウェブで公開されてから日にちも経ってるけど、まだアクセスが集中しているのかほとんどつながらず。でもBittorrentを使ったらあっさりすんなりダウンロードできた。今回のようなファイルの配布は、まさにBittorrent向けのケースなのかもしれない。

3DCGについてはよくわからないけど、映像を見て「全部フリーソフトで作ったのか、すげーなー」と思うのは、そうやって大々的に作られて広くリリースされた作品がはじめてだからだろう。作品自体クリエイティブコモンズのライセンス(BY2.5)で配布されているけど、同時にオープンな環境で作品を制作するという方法論が公開され、今後検討され、普及していくことがこの作品の大きな意義となるはずだ。作品を観た多くの人が「どうやって作られたか」を気にすることなく、作品そのものを楽しむようになるのは、そう遠い未来の話ではないかもしれない。

なお、Jan MorgensternというアーティストによるサウンドトラックもCCのBY-NC-NDで公開されている(→ZIP 13MB


関連リンク:
エレファンツドリーム、Web上に正式公開(Blender.jp 2006/05/19)
エレファンツドリーム DVD に関するあれこれ(Blender.jp 2006/05/14)
Openな映画Elephants Dream(スラッシュドット ジャパン 2006/05/25)
Orange Project:初めての「オープンソースムービー」への挑戦(japan.linux.com 2005/06/14)
posted by 犬TV at 05:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 観る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。