2005年12月12日

クペ・デカレとは!? 〜機械翻訳編〜

つづき

Musique Africaineから。
“Couper Décaler(クペ・デカレ)”について。

Couper Décaler !!
La « sagacité » est le mouvement musical qui déferle actuellement sur la Côte d'Ivoire. Sa danse c'est le « Couper-Décaler-Travailler » ou plus simplement « Coupé-Décalé ».. Tout d'un coup, le chanteur se met à vider ses poches et s'avance vers la première rangée du public avec des billets de banque. Eh oui ! Il suffit de se fier au visage souriant de l'heureuse récipiendaire pour s'en assurer. Vous venez d'assister à une démonstration live de « sagacité ».
フランス語です。さっぱりわかりません。これを、WorldLingoのFree Online Language Translatorで一気に日本語に!

移るために交差するため!!
"sagacity" は象牙海岸で現在壊れる音楽的な動きである。 そのダンスそれは"仕事" 切移にそれまたは"単に半分コンパートメント移されて" 。である。 非常に打撃の、 歌手は彼のポケットを空け始め、銀行券を持つ公衆の最初のラインの方に進む。 はい! それ自身にいくつかを保障するにはそれは幸せなメンバーに微笑する表面との自慢しているへ十分選ぶである。 ちょうど"sagacity" の生きているデモンストレーションに出席した。
機械翻訳なんで結局よくわかりませんが。
んで、仏語→英語だとこんな感じ。

To cross To shift!!
"sagacity" is the musical movement which currently breaks on Ivory Coast. Its dance it is it "Cut-Shift-To work" or more simply "Half-compartment-Shifted".. Very of a blow, the singer starts to empty his pockets and advances towards the first line of the public with banknotes. Eh yes! It is enough to proud with the face smiling to the happy member elect to ensure itself some. You have just attended a live demonstration of "sagacity".
ちなみにsagacité(サガシテ)というのも、クペ・デカレに近い流行語で、アフリカの流行りもん音楽を聞いてるとよく出てくる言葉。もとの意味は「鋭敏、明敏、賢明」(英語だとsagacity)とのこと。

[フランス語翻訳サイト]※複数言語の翻訳に対応。
Free Online Language Translator by WorldLingo
AltaVista - Babel Fish Translation
SYSTRANBox
参考→無料翻訳・無料辞書無料サイト集


posted by 犬TV at 02:29 | Comment(5) | TrackBack(0) | 聴く
この記事へのコメント
通りすがりですが、ちょっと気になったので調べてみました。この記事はクペ・デカレに対して非常に批判的なようですね。タイトルは「クペ‐デカレの疑わしい起源:音楽ムーブメントにペテンが生まれる時…」

あんまり自身ないですが訳してみます。

「金曜の晩、コートジボワールの2チャンネルでPanacheという音楽番組が放送された。sagaciteのアーティストが登場する。「sagacite」とは現在コート・ジボワールに押し寄せる音楽ムーブメントである。そのダンスは「Couper-Decaler-Travailler」あるいはもっと簡単に「Couper-Decaler」という。突然、歌手がポケットをからにして、札束をもって公衆の最前列へと進んだ。そう!それを確証するためには、幸福な新参者のにこやかな顔を信用すれば十分なのである。あなたはたった今、sagaciteのライブ実演に立ち会ったのである。[それは]ルーツがあまりパッとしないものの新たな生き方である。」

この記事の最後に批判の要点が記されています。つまり、それは人々を踊らせるけど、コートジボワールの困難な現実を忘れさせるだけなんじゃないか、みたいな。

この記事の判断はともかくとして、とりあえず「sagacite」は音楽ムーブメントらしいですが、さらになんらかの価値観あるいは「哲学」をも意味しているようですね。「うまくやったれ(賢明)」的な。そして「クペ・デカレ」はその時のダンスであると。

また別のサイトには「クペ・デカレ」という言葉の意味について書いてありました。もともとは「Akoupe」という村の踊りだったのが、より洗練されてちゃんとしたダンスになった。そしてその際新たなニュアンスが加わった。つまりジボワールで「魂になる」という意味の「Couper」(普通は「切る」)と「出発する」という意味の「decaler」(「動かす」)。(よく分かりませんが、トランスもしくはエクスタシー的なニュアンスかな?)

さらに別のニュアンス。クペ・デカレナイトが成功するには、富の象徴であるシャンペンとブランド品の酒が欠かせないらしいです。そのことからも分かるように、クペ・デカレには「富」とか「成功」という意味がある。つまり「クペ」とか「デカレ」に、踊りまくるというだけじゃなく、飛び出して成功するという意味が付け加わっているようです。(この文脈で「Travailler」と言われるらしいです)

最終的にそこでは、「クペ・デカレは漠然とした社会現象、さらには社会で身を処す方法となった」と纏められています。(もちろん、ファッションもそこに含まれるのでしょうね)

http://www.blackmap.com/contenus/musique/dossiers_coupe.htm

かなり適当に訳したり、調べたりしたので、あまり当てにならないかも知れません(笑)なんか長くなったのでこれで失礼します。


Posted by フランス語は自信なし at 2006年03月30日 10:02
補足します。上のリンクは「クペ・デカレの歴史」という記事です。
Posted by フランス語は自信なし at 2006年03月30日 10:31
>フランス語は自信なし様

まずはありがとうございます! たいへん興味深くコメントを読ませていただきました。

クペ・デカレには音楽的な興味を持ったのがきっかけですが、やはり深く知りたいとなるとその背景にある文化や社会状況も関わってきます。が、クペ・デカレの性質上、情報源はフランス語が多く、英語ですらいっぱいいっぱいなもので、あきらめていたところです。実際現場の空気に触れるのが一番手っ取り早いのでしょうが、今のところそういうチャンスもないので……。

クペ・デカレのビデオを見て、アメリカの産業化されたヒップホップの世界観で描かれる成金趣味の影響を強く感じていました。通りすがりさんの書かれていた「シャンペンとブランド品の酒」もそうだし、あとはゴールドのアクセサリーとかピカピカのスポーツカーとか。

だけど音楽を聞いてみると、ヒップホップとはちょっと違うなぁ、という。大雑把に言ってしまうと、最近のアフリカン・ポップはヒップホップの影響を強く受けているようで、クペ・デカレにもその傾向があるのですが、そこからはみ出してしまっている感じが非常に魅力的だと思うのです。

いろんな音楽の影響を受けながら文化や社会の状況も背景にして、クペ・デカレのスタイルができてきたんだろうなぁと、なんとなくは感じていたのですが、いただいたコメントを読んでより理解が深まりました。既成の社会への反抗やあきらめや現実逃避といった感情は、ポップミュージックにつき物ですが、コートジボアールという国の状況からしても、クペ・デカレにはその要素が強いようですね。

思えば「クペ・デカレって何だ!?」というのがこのブログを始めるきっかけにあったので、その意味もよくわからないままにブログのタイトルにしてしまいました。おかげで、ログを見ると、フランス語圏のサーチエンジン経由でのアクセスが多かったりもします。最近は直接クペ・デカレについて書いていないんですが、またちょっと調べてみようと思います。

コメント本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします!
Posted by 犬TV at 2006年03月30日 14:51
こちらこそ、このブログを見つけて面白く読ませて頂きました。私も最近になってアフリカのポップスに興味を持ち始めたので、ここに辿り着いたのです(クペ・デカレについてもはじめて聞きました)。まだまだ全く初心者ですが、ちょくちょく覗かせて頂きます。
Posted by フランス語は自信なし at 2006年03月30日 21:13
こちらこそ、このブログは大変面白く読ませて頂きました。私も最近になってアフリカのポップスに興味を持ちだしてここに辿り着いたのです。(クペ・デカレもこちらで知りました)全然初心者ですが、ちょくちょく覗かせて頂きます。
Posted by フランス語は自信なし at 2006年03月30日 21:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。