2005年12月21日

SHOUTcast AFRICA!!!

SHOUTcastのサイトでみつけてきた、アフロ系オンライン放送局。みつけてきたとはいっても、キーワード“Africa”で検索しただけだが。

まずはアンゴラ、ギニア、セネガルの西海岸3局はどれも良い。そして、米国2局の仏蘭西1局のディアスポラ勢。

[SHOUTcast AFRICA x6]
Radio Canal Angola ONLINE(アンゴラ)
RADIO KANKAN(ギニア)
RADIO TAM-TAM(セネガル)
Jazz Afrique Mosaic(米)
Soukous Radio(米)
Tropik FM(仏)

Radio Canal Angola ONLINE
※ラジオ・チャンネル・アンゴラ・オンライン。サイトからはWMPで。SHOUTcastでも放送中。旧ポルトガル領で、放送もポルトガル語(たぶん)。僕が聞いたときは、音楽中心の番組(ほぼ音楽のみ)。アンゴラと言われても正直ピンとこなかったが、かかっている曲が独特で、ポップ音楽またはダンス音楽ではあるのだけど、今まで聞いてきたアフリカ音楽とは何か雰囲気が違う。その違和感をうまく言葉にできないのだが。というか、これを書いている時点(日本時間12/21 01:00am)でかかっている曲が、アフリカ音響派とでもいいたくなるような非常に不思議な曲で、思わず録音。しばらく素敵な曲が続いたが、これは選曲者(DJなんちゃらって言っていた)のセンスなのだろう。間を置いてきくと、普通のまったりR&Bな流れになっていた。残念ながら曲名、アーティスト名の表示がないが、表示を強く希望したい。see also→「アフリカン・サウダージ」PALOPポルトガル語圏アフリカ諸国の音楽・アンゴラ編

RADIO KANKAN
※ギニアの「ラジオ・カンカン」。音楽がずっとかかっているのだが、アナウンサー?がしょっちゅうコメントを挟み、“曲だけ”をなかなか聞かせてくれない。アナは煽っている感じでもなく、口調は冷静で淡々としている。何を言っているかはさっぱりわからず(フランス語ですよね?)。曲調はアコースティックでゆったりしたアフリカン・サウンド。アナが喋っている間は、曲の音量が落ちる。盛り上がってきたのか、アナは頻繁にコメントを入れ、曲のみがかかっている時間の方が少なくなる。しかしずっと聞いていると、これはこれで独特のグルーブがあるような気がしてきた。アナの喋りも決して邪魔ではない。……僕が聞いたときは、そんな番組?でした。

RADIO TAM-TAM
※首都ダカールでおなじみ、西アフリカ、セネガルの総合情報ポータルサイトSeneweb。サイトにはReal、WMPへのリンクしかないが、SHOUTcastでも放送している。僕が聞いた限りでは、ノンストップで音楽(ユッスー・ンドゥールとか)がかかっていた。see also→セネガルの音楽

Jazz Afrique Mosaic
※アフリカ音楽専門インターネットラジオ。合衆国はマサチューセッツ州から。サイトは素っ気ないけど、何か芯の太さを(勝手に)感じる局だ。アフロポップというよりも、ジャズにつながっていくような流れでアフリカ音楽を押さえているからではないか、とか、これまた勝手に思っている。

Soukous Radio
※これまたアフリカ音楽専門インターネットラジオ。live365.comのプロフィールによれば、NYのNew Kinshasaからのオンエア。そういう場所があるんですかね。

Tropik FM
※フランス。ズーク、レゲエ、ラテン、ソカ、コンパス、アフロ……100%トロピカルな音楽をノンストップ・ミックス。聞いてみれば確かに、アフロ・カリビアン路線でトロピカル!

[追加]
Pan African Allstars Internet Radio
※米国はジョージア州より、同名のアフリカ音楽専門ショップによるストリーミング放送。


posted by 犬TV at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。