2006年02月25日

チャットログ

攻殻機動隊S.A.C. 2nd GIG 第15話 機械たちの時間 PAT.から、タチコマ達の議論。

(メンテ室にて)

 不思議だぁ。この機体になってから天然オイルを使用したことないのに、なぜあいつだけが専用機としての地位を維持し続けているんだろう?

 うーん。それに以前にまして僕達の個性の分化も激しくなってる気がするし。

 ねぇプロトくん、なんでだと思う?

プロト:(作業しながら)さぁ、なんででしょうね。一応メインサーバを設けて固体情報との振り分けを許可するようプログラムしなおしたから……ですかね?

もう一人:お前ら、そろそろ大人しくしろよ。いつになっても作業が終わらんぞ。

(3体、電脳空間にログイン)

 ここなら誰にも邪魔されずに話せるね。

 うん、時間の流れも関係ないし。

 話を戻したいんだけどさあ、ウィルスで発症したと思われる「個別の11人」はともかく、個別主義者ってどう思う? 個を強調する割には没個性的な人達だと思わないか?

 確かにそうだね。ネット上での孤立や自我の存在証明を追及して、各自の差異に価値を求めているくせに、違う思想の人間を排斥しようとする行為においては、一様に団結しているわけでしょ?

 そーなんだ。主体性があるようでない集団。個を求めんとするあまり、没個性に陥ってる人達だと思うんだ。

 それって、ある意味僕達とは対極にある人達って気がする。

 そうだね。僕らは並列化を義務付けられながら、なぜか一度は個を手に入れたわけだから。

 そして今ではその差異を個性として尊重してもらったうえで、必要な情報のみを並列化すればいい。ん?

(新たに1体登場)じゃあさ、個別主義者が本当に個別であろうとするが故に、差異のない集団になっているんだとしたら……彼らの集合体としての意思を決定しているのは……誰なの?

 「個別の11人」に関しては、その意思決定をしたのは、内調のゴーダってことかな。

 でも、中国大使館を襲撃したテロリスト達は、ウィルスとかに関係なく台頭してきたインディビジュアリストって言われてんでしょ?

 「笑い男事件」の時に大挙して現れた模倣者達こそがその起源と言っている社会学者もいるけどね。

 だとすると、個別主義者達の意識の中には、ゴーダの思惑が介在する以前から、現在の状況に近いイメージが共有されていたってことになるのか。

 国民の総意としての難民排除ってことね。

 それを言うなら、難民だって「個別の11人」が台頭してくる以前からテロ行為は繰り返していたわけでしょ?

 不思議だよね。誰かがコマンドを出してるわけじゃないのに、みんな自然と同じ方向を向き始めている。

 あるいは、個人と集団以外の第三の意思決定の主体が、人間にはあるのかもしれない。

 どういうこと?

(2体登場。持った本をかざし)例えば、遺伝子というミクロなレベルで主体のしんきゅうを見出そうとしたドーキンスと、きわめてマクロな地球規模の主体に思いを馳せたラヴロック……

(本をかざす)『地球生命圏』

 両者はほぼ同時期に、相反する主体を題材にほぼ同じ結論に達しているといってもよい著書を残しているんだ。

 これこれこれこれ。

 どんなことが書かれてるの?

 人間はもっとも暴利的な主体や意志を宿す最小単位で、自身より大きかったり小さかったりする、ある種のホロン型構造の存在について思考し言及する……みたいな。

 つまり、個別主義者や難民もその行動を決定する因子は、自身よりミクロな、あるいは集団を超えたマクロなレベルに存在する、ということを言い当てているようなところがあるってことさ。

 難しいなぁ。

 簡単さ。人間がその存在を決定付ける以前には、存在していなかったネットのありようが、彼らの神経レベルでのネットと、今や地球を覆いつくさんとしている電子ネットワークの双方によって、自身の意思とは乖離した無意識を全体の総意としてゆるやかに形成しているってことだよ。

 だろー?

 つまり人間は、自分の肉体と精神とがすでに一致していないけど、そのことについては気づいていないってこと?

 ありていに私見を述べればね。

 ひえー! 肉体と精神は不可分だって結論に傾きかけてたのに、なんという真理の反転!

 と、するなら、郷田ってそのゆるやかな流れを加速するための媒介を、意図的に作り出したってことになるのか。

(外から呼ぶ声)おーい!

(全員ログアウト)

(メンテしていた)終わったよ。そろそろ交代しろよな。

 ごめんごめん。つい議論が白熱しちゃってさ。

 議論の内容、並列化させてよ。

 OK。

(ケーブル接続。身震い)びゆぅぅぅ。なるほど、そいつは興味深いな。

 だろ?

 だけど、僕も最近は自分の意識と体が一致していない気分になることがあるんだ。

 どゆこと?

 自分をはるか上空から見下ろしている自分がいるような感覚かなぁ。

 あーそれ僕もある! 僕達の主体って、一体一体のボディに宿ってるの? それとも、集団としてのタチコマに共有されてるの?

 そりゃあ、基本は並列化を前提としているわけだから、後者でしょ。

 僕らにとっての神である少佐の意思も介在しているわけだからねぇ。

 でも、天然オイルを禁止された今となっても、個性化の進行は止まらない。完全に均質化されたはずの僕らが、個を宿し、かつボディと情報との乖離を無意識下で体験しているってことは……

 もしかして……!

 もしかして……!

 もしかして……!

 ゴー……

 まぁ待て。結論を性急に出してはいけない。それは、単に僕達にエージェント機能が追加されたことによる遊離感なんじゃないのか?

 それもあるけど、肉体と精神以外の第三の主体がどこかにあるような気がしてならないんだ。

 それってわかるよ。僕もさぁ、前にジガバチと戦ったときに(そのときの映像)死の恐怖を感じることなく、少佐の服としての役割を瞬時にこなすことができたんだ。あの時、僕の体はもう僕自身のものではないんだって、どこかで割り切ってたものがあったもん。

 それは、バトーさんを助けたいと感じた時の、あのえもいわれぬ法悦感とは違ったの?

 違うね。もっと即物的でプログラムチックな行動だった。

 だとしたら、残念ながら君が感じた第三の主体は、人間のそれとは違うのかもしれないな。それにさ、僕らの共有情報をためているサーバがどこにあるかってことも、僕らは知らされてないわけじゃない? その存在が、第三の主体の正体なのかもしれない。

 僕達にゴーストが宿ったと思ったのは錯覚だったのか。

 でも、君が感じた第三の主体に関しては、もっと詳しく思考してみる必要があるかもね。その感覚、並列化させてよ!

 へへへへ……いいよ。(接続。身震い)



http://www.ntv.co.jp/kokaku-s/
http://www.animax.co.jp/program/program.php3?naiyo=m_koukakukidoutai_2ndGIG
http://www.kyo-kan.net/oshii-ig/gits-sac2/15.html
posted by 犬TV at 19:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 言葉
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。