2006年03月14日

主張のアウトタスキング 〜キューバ編〜

「キューバ向秘密局」として紹介されていた“Radio Republica”

897_radiorepublica_s.jpg

ウェブサイトにはスペイン語で放送スケジュールと番組内容が簡単に紹介されているだけで、メールアドレス以外、所在地や放送主体についての記述がない。いかにも「秘密局」らしい。しかもこの秘密局、ライブでストリーミングを行っているとのことで早速つないでみた。

リンク先は数値のIPアドレスで、フォーマットはPLS。音質は良く回線も安定している。トーク主体の内容だが、オールスペイン語なので意味はわからない。だから、設立の経緯とか背景を放送内でどこまで言っているかもわかりません。

ふとプレイヤを見ると、局名に“WRMI - RADIO MAIAMI INTERNATIONAL: UNNAMED SERVER”との表示が。なんだこりゃ? と思い、秘密局の正体を探るべく捜索を開始したのだった。ヒマだから。

(以下、ヒマにまかせ調子づいて書いたらなんだか長文になってしまいました)


■ 秘密放送局の送信元は!?

logo_wrmi.gifプレイヤに表示されていた“WRMI - RADIO MAIAMI INTERNATIONAL”は、アメリカ合衆国にある放送局のコールサインと局名を表している。
調べてみるとWRMIはどうやら、政治的色合いが濃い反キューバの秘密局の「送信元」として、その筋の人たち?には知られた放送局のようだ。例えば「月刊短波」のバックナンバーを見ると、2003年10月1998年1月などに、Radio Republicaとは別のキューバ向け秘密放送がかつてWRMIより送信されていたという記事がある。

マイアミから物騒な送信をするWRMIとはいったいどんな放送局なのか。

Radio RepublicaのサイトにはWRMIについての記述は一切ないものの(→※1)、検索してひっかかったWRMIのサイトを見てみた。
※1:Radio Republicaのサイトでは、WinAmpのダウンロードを除けば、ストリーミング・ファイルへのリンクが外部サーバとの唯一のつながり。ストリーミングに使われているサーバはマイアミにある会社のもので、そこのWWWを見ようとしたら別のドメイン名のISPに転送された。この2つの企業の登録された住所はまったく同じもの。だが、2社の、Radio RepublicaやWRMIとの関係は重要ではない。せっかく調べたので記念に書いておきたかったんです。→参考:IPドメインSEARCH

About usのページの冒頭では、WRMIは1994年に認可を受けた短波放送局で、放送時間を小分けにして多種多様な組織に売っていると説明されている。

認可を受けた公共の媒体であるWRMIが、政治的意図が少なからず絡む「キューバ向け秘密局」に枠を売り、その秘密局制作の番組を流すというのがユニークに思える。古くからパブリックアクセスなど市民主体のメディアが存在するアメリカでは、Radio Republicaのような相手にオンエアを売る短波放送局があるのも自然なことなのだろうか。


■ Radio Republicaの正体は!?

自らのサイトにはメールアドレス以外の連絡先を掲載していないRadio Republicaだが、送信元であるWRMIのサイトには、運営団体の連絡先と趣旨が載っていた

また、INTERVAL SIGNALS ONLINEに置いてあるインターバルシグナル(Real直リンク)で言われている内容がClandestine Radio Watch 198にあった(この掲示板にも書き込まれている)。番組内で、少なくとも運営団体名は言っているようだ。

Radio Republicaを運営するDirectorio Democratico Cubano(DDC)の連絡先はフロリダ州ハイアレアの私書箱で、電話番号とRadio Republicaのメールアドレスも併記されている。DDCは、キューバ民主化のための市民運動を目的とした非営利組織とのこと。団体はウェブサイトも開設している。

32_logo_directorio_author.jpg
Directorio Democratico Cubano

トップページにはRadio Republicaのバナーも見える。サイトの言語は英語とスペイン語で、ニュースを中心に情報量が豊富だ。プレスリリースには、組織の活動や人権問題などの話題とともに、Radio Republicaに関わる情報も見られる。

まず2005年8月15日付の声明では、Radio Republicaの放送開始とスケジュール、番組内容など。“Radio Republica is heard in Cuba”と題されたリリース(2005/12/21)では、現地キューバで多くの人が実際に放送を聞いていることを知らせている。また、キューバ政府の弾圧に抗議するリリース(2006/02/08)の中では、Radio Republicaによる活動家のインタビューに触れている。


■ 情報のハブ「マイアミ」

WRMIのウェブサイトに戻ろう。

ページの左サイドには、Radio Republicaを含む番組(と呼べばいいのかな?)が30ほど並んでいる。ざっと見渡すと、移民やカリブ海地域の住民を対象にした番組や、宗教団体によるプログラムなど。普通の情報番組もあるようだ。

スペイン語の番組が多いのは、マイアミという土地柄の影響もあるのだろう。AIRTIME SALES INFOのページに書かれているように、マイアミは、合衆国とラテンアメリカ諸国をつなぐハブとなっている。そこを行き交う人々は文化を運び、銀行をはじめ多くの企業もそれらの地域に向けた窓口として拠点を置いているそうだ。

マイアミのハブといての役割は、情報にとっても同じことだ。
一応販売促進の文句としては「WRMIを使えば情報を“アメリカ全土へ”送れるのです!」と述べられている。間違ってはいないが、それはWRMIのポテンシャルの一部だけを示す公式のセールストークに過ぎない気もする。電波には国籍もないし、一度発射されれば国境なんて簡単に越えてしまう。アメリカ全土に届くのと同じように、カリブ海や南米大陸にも流れていく。

しかもWRMIが使っているのは、遠隔地への放送に適した短波だ。確かにマイアミには中南米系の住民も多いだろう。しかしWRMIを通じたスペイン語放送のターゲットは、地元に住む彼らのコミュニティではない。近隣地域を対象にするなら中波やFMを使えばいい。だがRadio Republicaが狙っているのは、国境を越えたキューバである。彼の地の一般市民に向けた秘密局の送信地として、マイアミは立地的にも好条件だ。


■ 送信元の拡大、周波数の変更

Radio Republicaはキューバ政府から見れば反体制的な要素が強く、できれば止めてほしい。そこでジャミング(妨害電波)をかける。ジャミングを受けた秘密局は、引き続き放送を続けるために周波数を変更する。新しい周波数が公になれば、当然そちらにもジャミングが……とイタチごっこになってしまう。妨害を受けるのはもちろんだが、周波数を頻繁に変更することも、不特定多数に向けた放送局にとって良いことではない。

遠距離放送に関する国際的なグループのMLやサイトやニュースレターには、Radio Republicaの周波数変更や受信状況について多数の報告が寄せられている(→Clandestine Radio Watch 199など)。今年の初めに「Radio Republicaを方向探知した結果、送信所はWRMI等ではなく英国内の送信所ではないか?」という報告があり(→月刊短波2006年1月号引用元)、それに応える形での報告も少なくないようだ(ウェブをざっと検索したけど日本での受信報告は見られなかった)。なお、最近のニュースレターなどで送信元として推測されている場所には、BBCの施設がある。

同時にドイツテレコム(DTK)の法人顧客部門T-Systems経由で送信しているという情報もあり、Radio Republicaは送信元をヨーロッパに移して活動を続けている模様。調べてみると、DTK/T-SYSTEMは数々の秘密放送を請け負っている。サイトを見るといかにも通信大手といった感じで、秘密の活動については触れられていないが、日本でいったらNTTとかKDDIが「しおかぜ」や「開かれた北韓放送」に関わっているような感じなのか?

ドイツテレコム株式会社
T-Systemsジャパン
→参考:DTK B05スケジュール(from DXerの館 2005/10/27)

Radio Republicaが送信元を移した理由はジャミングだけなのか、それとも他に何か事情があるのか、今の僕には知る芳もない。しかし現在でも、WRMIの放送リストにはRadio Republicaの名前があり、ストリーミングもバッチリ流している。そしてヨーロッパのどこかから、キューバに向けた電波が飛んでいるのだ。


[関連サイト]

マイアミにおける現地受信局調査(from Atlanta DX Online JAPAN 1999/11/25)

Country profile: Cuba from BBC

キューバ from ウィキペディア

キューバ共和国 from 外務省

Radio Republica(from ClandestineRadio.com)


posted by 犬TV at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - 中南米
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。