2006年04月07日

カザマンス問題 〜セネガル〜

(セネガル系ポータルSunukeurで、アフロポップを流しながら前のエントリの続き……)

map_senegal.gifところで地図を見るとわかるが、セネガルの国土は、南部がガンビアによって隔離されている状態だ。1982年にはガンビアと「セネガンビア連邦」を発足したものの、両国の体制の違い、主権問題、経済格差などから対立し1989年に連邦は解消された。

ガンビア(世界飛び地領土研究会)

南部セネガルのカザマンス地方は民族や宗教が異なることもあり、地元住民による「カザマンス民主勢力運動(MFDC = Movement of Democratic Forces in the Casamance)」が、分離独立を主張している。政府首脳と運動のリーダーによる会談も行われつつ、運動は武力闘争化しており、不安定な状態が続いているようだ。

Movement of Democratic Forces in the Casamance (MFDC)(GlobalSecurity.org)
セネガルに対する渡航情報(危険情報)の発出(2005/12/14)(外務省 海外安全ホームページ)
※20年以上の政府軍とMFDCとの戦闘の結果、カザマンス地方には依然として多数の地雷が埋設されている模様とのこと。

カザマンス地方の問題は、メディアにも大きな影響を与えている。

2003年に、この問題を報じたフランスRFIの特派員が国外追放処分を受けている。また昨年2005年には、分離独立派リーダーのインタビューを放送した民放局Sud FMが、警察によって一時放送を止められるという事件があった。

French correspondent expelled from Senegal(afrol 2003/10/24)
SENEGAL (Attacks on the Press 2003)(CPJ Press Freedom Online)
Police in Senegal shut down popular FM station(Media Network Weblog 2005/10/17)
Radio Sud FM back on the air in Senegal(同上 2005/10/18)

BBCのCountry Profilesによれば、セネガルでは政府による検閲などは行われていないし、民間の報道機関が政府を批判することも珍しくない。そんな状況の中での上記のような措置は、カザマンスの件が政府にとって非常にやっかいな問題であることを表しているのかもしれない。

続く。

参考ページ:
セネガル共和国(外務省)
セネガル(ウィキペディア)


posted by 犬TV at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。