2006年04月09日

民主化ラジオ西アフリカ

セネガルの話の続き……。


logo.gifWest Africa Democracy Radio (WADR)

ダカールに拠点を置く短波放送局。昨年後半から放送を開始した。
サイトにはネット中継のアイコンもあるんだけど、リンクが死んでいる。聞けない。残念。
ジングルだけならInterval Signals Onlineセネガルのページから聞けるんだけど。

West Africa Demcracy Radioが試験送信(月刊短波 2005/09)
West Africa Democracy Radio本放送に(月刊短波 2005/11)
West Africa Democracy Radio starts regular programmes today(Media Network Weblog 2005/11/14)
West Africa Democracy Radio (Radio for Peace, Democracy and Human Rights)


WADRは、Open Society Initiative for West Africaという団体によって運営されている。ClandestineRadio.comの記事によれば、この団体はソロス財団の一部であり、プロジェクトにはアメリカ政府も関与している。ターゲットはMano River Unionといわれる周辺国で、各国に中継もされているようだ。特にリベリアやギニアといったこれから民主化しつつある国の人々に対して、ソロス財団の主張する「開かれた社会」や情報リテラシーの基礎を啓蒙していこうということだろうか。

ソロス財団関連:
ジョージ・ソロスの宣戦布告(「寺島実郎の‘発言’」 2004/05 from 三井物産戦略研究所)
【時事通信】 ★ フェロー日記!! ★
ポパーとソロス(ソロスって誰?)(日本ポパー哲学研究会)


WADRのベースはダカールにあるが、周辺国の民主化をリードしていくはずのセネガルが、最近になってジャーナリストに圧力をかけているというのも皮肉な話だ。国境なき記者団によるセネガルのレポートでは、「もはやセネガルで報道の自由は保障されていない」という表現。


see also (about WADR):
West Africa Democracy Radio(Americans for Informed Democracy 2006/03/18)
The Nightmare of the West Africa Democracy Radio(The Perspective 2002/10/07)

関連リンク:
INFORMOTRAC
※セネガル、ギニアビザウ、シエラレオネで、地域ベースのコミュニティ・ラジオを支援するプロジェクト。Radio Nederland Training Centreが主体となっており、オランダ政府の援助も受けている。→New website of RNTC on community radio in West Africa(Media Network Weblog 2005/12/21)


posted by 犬TV at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。