2006年04月13日

アゼルバイジャンTV

Vahid Azerbaijan TV channel starts broadcast via Internet(Media Network Weblog 2006/04/11)

アゼルバイジャン国営のAZ TVが、インターネットを通じた映像配信を始めたという話。
放送は今のところ1週間に1つの番組というペースのようだが、データを配信している情報サイトazadtribun.netを見ると、この他にもラジオやテレビのライブ・ストリーミングが行われているようだ。

記事によれば、この放送は世界の様々な地域に住んでいるアゼルバイジャン人に向けた情報提供を目的としているとのこと。

アフリカ系ポータルサイトなどを見ていても感じたことだが、例えばセネガルやガーナなどのポータルは、海外にいるその国出身の移民・同胞が重要なターゲットになっている。

すでに国際社会のいたるところでは、ディアスポラの問題、移民たちの主張が注目を集めている。家郷から離れ、また同胞のコミュニティが世界に点在する人々にとって、ネットが強力なツールになりえることは、簡単に想像できる。同胞意識や帰属意識を強めるというのも、活用方法のひとつだろう。同じルーツを持つ世界に散らばった人々がネット空間で結束するという構図は今後ますます顕著になり、そこから強いリアリティを生み出していくはずだ。


※アゼルバイジャンは、グルジア、アルメニア、イランとカスピ海に囲まれた旧ソビエト連邦の国。

アゼルバイジャン(ウィキペディア)
アゼルバイジャン共和国(外務省)
Country profile: Azerbaijan(BBC)
ナヒチェバン(世界飛び地領土研究会)

関連リンク:

Azerbaijan public TV to broadcast programmes in Armenian(Media Network Weblog 2005/08/15)

今福龍太が読む 9 / 上野俊哉『ディアスポラの思考』

全米「移民」大規模デモ、ヒスパニックら市民権求める(YOMIURI ONLINE 2006/04/11)
仏デモが政府動かすワケ 街頭訴え共鳴社会(東京新聞 2006/04/12)


posted by 犬TV at 22:59 | Comment(1) | TrackBack(1) | 放送 - ヨーロッパ
この記事へのコメント
グレートゲームに翻弄されるナゴルノ・カラバフ難民
http://www.janjan.jp/world/0604/0604200709/1.php
市民メディア・インターネット新聞JANJAN 2006/04/21
Posted by 犬TV at 2006年04月22日 16:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

世界銀行、アゼルバイジャンの行政システム改善に2,200万ドルを融資
Excerpt: 世界銀行が、アゼルバイジャンの立法/行政システムを大幅にアップグレードするための...
Weblog: 遠い異国の経済情報
Tracked: 2006-05-19 07:49
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。