2006年04月22日

混乱のネパール

ネパールのギャネンドラ国王は21日にようやくテレビ演説を行い、昨年2月に導入した直接統治を放棄することを表明した。演説内容の和訳がナマステ!掲示板に投稿されている。Kathmandu Journalのエントリ「国王の宣言に対する反応」にもあるように、国民と政党はこの演説に満足せず、外出禁止令を無視して続くデモはかつてないほど大規模に膨れ上がった。

さっき見ていたCNNは、音声のみの生レポートだった。ネパール在住の日本人によるブログは、現地の様子を毎日生々しく伝えている。ネットで得た情報を元にネパールの状況をおおまかにまとめると以下の通り。

・国民は国王に対して本気で「いいかげんにしろ」と思っている。
・だが、国王は空気を読めてない。これが一番問題。
・主要七政党が国民をリードしきれていない。国民は政党をあまり信用していない。
・以前から武力闘争を続けていた共産主義者(マオイスト)は今回のデモを「革命」にもっていきたい。
・軍も出動しているが、基本的に治安維持活動を行っているのは警察(青色系の迷彩服が警察のユニフォーム)。

国王が権力を手放す(手放さざるを得ない状態になる)ことになっても、その後の状況を誰がリードしていくのかという問題がある。混乱はしばらく続きそうだ。治安部隊との衝突では多数の死傷者が出ている。これ以上の死者が出ないことをまず祈らずにはいられない。


地元メディア:
eKantipur.com
※→PHALANO.com
Nepalnews.com
※Nepal Televisionのニュース・アーカイブ。

邦人ブログ:
Kathmandu Journal
ネパールの空の下
※→ナマステ!掲示板
日々のネパール情報

日本の報道:
Yahoo!ニュース - ネパール
MSN-Mainich INTERACTIVE ネパール

外務省:
在ネパール日本国大使館
ネパール王国

関連エントリ:
反国王デモの続くネパール(2006/04/16)


posted by 犬TV at 17:51 | Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ネタ
この記事へのコメント
Boing Boing: Nepali photoblog with protest reports: Phalano.com
http://www.boingboing.net/2006/04/23/nepali_photoblog_wit.html
Posted by inuTv at 2006年04月24日 13:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。