2006年04月12日

セネガル相撲 ふたたび

4月2日にセネガルでルッタ(セネガル相撲)のビッグマッチがあったようだ。

Seneweb.comからビデオを見られるような雰囲気だったのだが、認証が必要だとのこと。だがSunuker.comの方でダイジェスト映像を見ることができた。

Un Moustapha Guèye impérial de technicité face à un Lac de Guiers médusé(Sunuker.com)

Sunuker.comにある動画全般にいえるのだが、一時停止、早送り、巻き戻しなどの操作が一切不可、自分が見ている動画の尺が何分でそのうち今どれぐらい進んでいるのかがまったくわからないのがきつい。ちょっと面倒&反則かもしれないが、ソースからムービーファイルのURLを抜き出してWMPで見ちゃいました。


続きを読む
posted by 犬TV at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 放送 - アフリカ

2006年04月11日

Mawlid マウリド:預言者生誕祭

セネガルについてちょっとしたことを調べようと思ってウェブを見ていたら様子がちょっと変で、どうやら今日はイスラム教関連の祝日のようだ。イスラム文化は身近に触れる機会がまったくないのでまさに異界。そもそもセネガル国民の大部分がイスラム教徒だというのも初めて知った。ウィキペディアによればイスラーム92%、アニミズムなど伝統宗教6%、キリスト教2%とのこと。

mawloud2006.jpg

Seneweb.comは簡単な特設ページを用意して、ラジオの特別番組を中継。Tivaouaneというところで記念式典のようなものが行われているようだ(→セネガルがいど / イスラムがいど)。同じ内容は、ダカールのFM局Radio Futurs Media (RFM)のサイトからのライブ・ストリーミングでも聞くことができた。また、先日のエントリで書いたSunukerで見たら、国営RTSのテレビ番組も特別編成のようだった。

言葉がわかればもっといろいろわかっておもしろいんだろうが、少なくともいつものセネガルメディアよりもかなりイスラム色が強調されている印象。コーランや説教などが厳かに流れる。

そもそもセネガル人たちは何を祝っているのか。

“Maoulod”という言葉をヒントに探っていくと、預言者モハメッドの聖誕祭のようだ。このページによると、“Moulid”(スペル違うが。Wikipediaでは“mawlid”)はアラビア語で「誕生日」の意味で、宗教的な人物たちの生誕を祝う儀式全体を指すとのこと。なかでもモハメッドの誕生は重要だし、それは盛大に祝うはずだ。

この聖誕祭の日はイスラム暦に基づいているため、グレゴリオ暦で見ると毎年日付が違う。世界の祝祭日事典というページに「マホメット生誕祭」という項目があり、年毎の月日の対応表もあった。またセネガル 2006 銀行の休業日というページを見ると、大部分を占めるイスラム教関連の休日の間に、ちらほらとキリスト教関係があるのがおもしろい。

参考ページ:
預言者生誕祭(ウィキペディア)
Mawlid(Wikipedia)


直接関係ないけどムスリム関連:
ムスリムのこぼれ話的ニュース(I can't live without roses. 2006/03/24)
ムスリム(喜八ログ 2006/02/21)
イスラム教徒のfulla人形。(TREASURE HUNTER'S WORLD 2005/12/08)
posted by 犬TV at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年04月10日

アビジャンのNostalgie

AbidjanShow.comのページの横っちょのところに、ラジオやテレビのストリーミングへのリンクがある。そこでJam FM (RADIO JAM)とともにリストの最初にあるのが、Nostalgieという局名。聞いたことあるようなないような……で、COMFMで検索してみると、世界各国のNostalgieへのリンクがずらずらと並んだ。フランスやベルギーといったヨーロッパ勢にユーゴスラビアもある。その他、カナダ、カメルーン、トーゴ、レバノンまで。そういえば以前TBしてコメントをもらったブログ“COTE D'IVOIRE”さんのお薦めネットラジオもNostalgie(http://www.nostalgie.fr/)だった。

COMFMの検索結果を見ると、放送局のロゴがどれもほぼ同じ。これらが国を越えたグループであることは一目瞭然だ。

リストの中に肝心のコートジボアールはないものの、サイトにはすぐにたどり着くことができた。

Site Officiel de Nostalgie Côte d'Ivoire

nostalgie.jpg局のサイトからもライブ・ストリーミングを聞くことができて、“Nostalgie en direct”をクリックすると、WMPが埋め込まれた小さなウィンドウが開く。ヒップホップ系など最近のポップミュージックに寄ったノンストップミックス。音楽以外はたまに局名とかのジングルが入るぐらい。選曲におけるアフリカ色は非常に薄い。もちろん日や時間によって雰囲気も違うのだろうが。

世界各国のNostalgieを見てみると、ロゴのデザインこそ共通しているとはいえ、サイトのデザインやコンセプトが統一されているわけではない。ストリーミングも、局によって対応が違う。

Nostalgieはフランスを拠点とするNRJグループのブランドのひとつ。英語版Wikipediaの解説によれば"Hit music only"がスローガンとのこと。

フランス語版Wikipediaから:
NRJ Group
Nostalgie
posted by 犬TV at 03:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年04月09日

民主化ラジオ西アフリカ

セネガルの話の続き……。


logo.gifWest Africa Democracy Radio (WADR)

ダカールに拠点を置く短波放送局。昨年後半から放送を開始した。
サイトにはネット中継のアイコンもあるんだけど、リンクが死んでいる。聞けない。残念。
ジングルだけならInterval Signals Onlineセネガルのページから聞けるんだけど。

West Africa Demcracy Radioが試験送信(月刊短波 2005/09)
West Africa Democracy Radio本放送に(月刊短波 2005/11)
West Africa Democracy Radio starts regular programmes today(Media Network Weblog 2005/11/14)
West Africa Democracy Radio (Radio for Peace, Democracy and Human Rights)


続きを読む
posted by 犬TV at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年04月07日

カザマンス問題 〜セネガル〜

(セネガル系ポータルSunukeurで、アフロポップを流しながら前のエントリの続き……)

map_senegal.gifところで地図を見るとわかるが、セネガルの国土は、南部がガンビアによって隔離されている状態だ。1982年にはガンビアと「セネガンビア連邦」を発足したものの、両国の体制の違い、主権問題、経済格差などから対立し1989年に連邦は解消された。

ガンビア(世界飛び地領土研究会)

南部セネガルのカザマンス地方は民族や宗教が異なることもあり、地元住民による「カザマンス民主勢力運動(MFDC = Movement of Democratic Forces in the Casamance)」が、分離独立を主張している。政府首脳と運動のリーダーによる会談も行われつつ、運動は武力闘争化しており、不安定な状態が続いているようだ。

Movement of Democratic Forces in the Casamance (MFDC)(GlobalSecurity.org)
セネガルに対する渡航情報(危険情報)の発出(2005/12/14)(外務省 海外安全ホームページ)
※20年以上の政府軍とMFDCとの戦闘の結果、カザマンス地方には依然として多数の地雷が埋設されている模様とのこと。

カザマンス地方の問題は、メディアにも大きな影響を与えている。

2003年に、この問題を報じたフランスRFIの特派員が国外追放処分を受けている。また昨年2005年には、分離独立派リーダーのインタビューを放送した民放局Sud FMが、警察によって一時放送を止められるという事件があった。

French correspondent expelled from Senegal(afrol 2003/10/24)
SENEGAL (Attacks on the Press 2003)(CPJ Press Freedom Online)
Police in Senegal shut down popular FM station(Media Network Weblog 2005/10/17)
Radio Sud FM back on the air in Senegal(同上 2005/10/18)

BBCのCountry Profilesによれば、セネガルでは政府による検閲などは行われていないし、民間の報道機関が政府を批判することも珍しくない。そんな状況の中での上記のような措置は、カザマンスの件が政府にとって非常にやっかいな問題であることを表しているのかもしれない。

続く。

参考ページ:
セネガル共和国(外務省)
セネガル(ウィキペディア)
posted by 犬TV at 04:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

セネガル系ポータル Sunukeur

Sunukeur

sunukeur.JPGセネガル系のポータルサイト。

RADIO SUNUKERでは、アフロポップ系をノンストップでストリーミング。ページに埋め込まれたプレイヤの下の文言を翻訳にかけたら“YOU LISTEN TO RADIO SUNUKER 24/7 SINCE RIVERSIDE CALIFORNIA.”とのことだった。

そして気になるSunuker TV。今見ている時点では音楽ビデオがノンストップで流されている。これとは別に、セネガルの国営局RTSライブというのもある。日本時間で19〜09時の放送。時間内でもなぜか見れない時もあったが、見られる時には接続が切れることなどもなく安定していた。

この他、Sunukeurの映像アーカイブには、ドラマやドキュメンタリーや音楽ビデオなど、様々な種類の映像があるようだ。そのうちのいくつかをさらっと見ただけだが、人気コメディドラマ(たぶん)“BOBODIOUF”ってのが気になる。

BOBODIOUF.JPG
派手な衣装の3人組。
鼻をほじった手で握手!

また、RTSのその日のニュースでは、リビアのカダフィ大佐がセネガルに来たという話題がトップで、フランス語は何を言っているかさっぱりわからないものの、映像的にはかなりの歓迎ムードだった。議会での演説の後にオープンカーで街頭パレード。車の周りは大勢のセキュリティが固め、道を埋めて熱狂する人々を警備がおさえるって感じ。車はそのままスタジアムに入り、式典がスタートしていた。
一応リビアのLJBCも見たところ、英語ニュースのトップで同様の話題を扱っていた。LJBCのストリーミングは結構重いのだが、それに比べるとSunukeurはストレスなく見られて素晴らしい。あと話はズレるが、リビアの国名は外務省のサイトでは「大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国」となっている。長い。

その他Sunukeurでは、ワッド大統領のテレビ演説や、Africable Televisionなんてのも見られる(→Africableはアフロ系の衛星放送のようだ)。多種多様な映像が用意されていて嬉しいが、権利関係は大丈夫なのか、とかちょっぴり気にならないでもない。
posted by 犬TV at 04:12 | Comment(1) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年04月03日

ジンバブエ 非政府系ラジオ

4月に入って更新された「月刊短波」2006年4月号に、「SW Radio Africa短波復活」という記事が。

SW Radio Africaは南アフリカのMeyerton送信所からの送信を復活した。 12:00-14:00 04:00-06:00 3230kHz(100kW)である。 (DX Listening Digest 6046)とのこと。

SW Radio Africa


続きを読む
posted by 犬TV at 02:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | 放送 - アフリカ

2006年02月08日

ルワンダ:Rwanda

ルワンダのラジオ局。
映画「ホテル・ルワンダ」を見に行ったら書こうと思っていたのだが、なかなか見に行けない。

Radio Rwanda
国営のラジオ局。REAL Player形式でのライブ・ストリーミングは、9〜21時(GMT)に放送。今日、初めて聞いた。国旗とか文字情報とか出てきて、REAL Playerのウィンドウが不思議な感じ。音質は良くない。接続状態も悪く、タイミングによっては頻繁に切れてしまう。番組は、国営だけに割とマジメな感じ。

RadioRwanda.jpg

CONTACT FM 89.7
首都キガリの民放FM局。こっちも音質があまり良くなく、接続が切れやすいので、BGMとして聞こうとするにはストレスが大きい。音質は最近向上した気がするが、接続の不安定さは相変わらず。アフリカ中央部の地元FM局をライブで聞ける貴重な存在だけに残念だ。

contactfm.jpg


『ホテル・ルワンダ』日本公開を応援する会
ルワンダの大虐殺 by 大場正明氏
ホテル・ルワンダ from シカゴ発 映画の精神医学

ルワンダ from ウィキペディア
posted by 犬TV at 01:27 | Comment(1) | TrackBack(1) | 放送 - アフリカ

2006年02月07日

Skyy Power 93.5 fm from Ghana

ガーナ系ポータルサイトNjoyOnline.comで聞くことができるラジオ局にSkyy Power 93.5 fmが加わっていた。所在地は海岸の都市Takoradiとのこと。独自のウェブサイトはないようだ。

既存の3局に比べて接続が悪いような気がする。


skyypower.gif
posted by 犬TV at 18:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年02月05日

チュニジア

アフリカ選手権、ナイジェリアにPK6-5で敗れたチュニジア。

国営のTunisia National Radioおよび>Tunisia National Televisionが、ライブ・ストリーミングを含む音声、動画コンテンツを配信している。

ラジオ局のサイトには5都市にある地方局のアドレスが記されているが、ライブで聞けるのは共通の内容。その他、各局制作のプログラムや音楽、コーランなども聞く事ができる。ファイルは全てREAL Player形式。

テレビ局の方もREAL形式でライブを見られるほか、その日のニュースはアラビア語、仏語、英語で用意されている(時間は各言語で異なり、アラビア語が30分以上、仏語約12分、英語は3分半ぐらいのダイジェストだった)。また、スポーツの結果を映像で見られるページもあったがあまり充実しておらず、“CLIPS”というページにはデータが何もなかった。


民放ラジオではRadio Mosaique FMが、WMPでストリーミング配信を行っている。僕が聞いたときはヒット曲のノンストップ番組だった。


Radio Musicanaはアラブ系音楽専門のネット放送局。Live365.com経由で再生されるREAL Playerがページに埋め込まれていて、最近の曲と“Radio Musicana Classic”の2チャンネルが用意されている。
posted by 犬TV at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年02月04日

エジプト&ちなみに×3

アフリカ選手権の準々決勝でコンゴ民主共和国に勝利した、開催国エジプト。
Egypt State Information Serviceによるサイト“YOUR GUIDE TO EGYPT”からは、テレビとラジオのストリーミング配信を行っている。
準々決勝の試合が始まった頃にテレビを見てみるとニュース番組で、すでに終わっていたギニアvsセネガルの試合の模様のほか、フェリー沈没のニュース、特集的にパレスチナ情勢のリポートなどを放送していた。WMPによる配信で、画面の解像度は低く、接続もあまり良くない印象。

Egypt.jpg

ちなみに(1)敗れたコンゴの放送関連サイトとしては、ラジオ局で、Mangembo FM - 99.7と、国連によるプロジェクトの一環として運営されているRadio Okapiをストリーミングで聞くことができた。

ちなみに(2)今回のエジプトで最初に行われた予選試合は、エジプトvsリビア戦だった。この時は、Lybian Jamahiriya Broadcasting Corporation(→英語サイトからテレビの映像を見た(残念ながらサッカーのニュースはなかった)。さらに蛇足だが、このサイトにある壁紙がいい味を出している。

ちなみに(3)セネガルに敗れたギニアには、ストリーミング配信を行う放送局のサイトはないようだ。BBCのサイト内にあるCountry profileによれば、ギニアでは新聞や放送などのメディアが当局によって強力にコントロールされており、ようやく2005年に民放が認められたばかりとのこと。
posted by 犬TV at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年02月03日

Africa Cup of Nations

The Official Web Site Of The Egypt 2006 MTN Africa Cup of Nations

can2006.gif仏語だとCoupe d'Afrique des Nations 06。
気まぐれでアフリカのラジオなどを聞いていると、ほんのちょっとでもその国に興味が出てきたりするもので、テレビをボケッと見てたりしても、今までなら完全に流していたであろうニュースに意識がとまったりするのがおもしろい。で、エジプトで開催中のアフリカ選手権の行く末を密かに見守っていたのだった。

SenePortalのトップページにリーグ表などが掲載されているので、在日セネガル人留学生協会のラジオ聞きついでにチェックしていたが、勝手にスクロール機能のせいかどうも見づらい。
僕が知る限り見やすさという意味では、BBCのこのページが一番。内容は正直それほど気にならないけど、FIFAのサイトとかちょっと見たり。

ちなみにワールドカップへのアフリカからの出場国は、トーゴ、ガーナ、コートジボワール、アンゴラ、チュニジアの5カ国。しかし今回のアフリカ選手権で、8強に残ったのはコートジボワールとチュニジアの2カ国のみだ。

続く。
posted by 犬TV at 19:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年01月29日

その後のコートジボアル

コートジボアールの混乱が激化しているという記事が出ていたので、外務省の渡航情報を見たら20日付けで「コートジボワール:日本国大使館の一時閉鎖」となっていた。

 1月16日以降コートジボワール治安状況が極めて不安定となり、同18日、外務省が同国に関する 退避勧告 を発出したことを踏まえ、在コートジボワール日本国大使館は退避を希望する在留邦人の出国支援後、業務を一時停止し、全大使館員がフランスに出国しました。
 なお、在コートジボワール大使館員は当面、在フランス日本国大使館においてコートジボワール関連業務を行う予定です。
日本語のメディア記事でも、コートジ関連の情報が扱われている。

日本大使館が一時閉鎖 コートジボワール 反国連叫ぶ運動激化(西日本新聞 2006/01/28)
外務省:コートジボワールの大使館員を退避(毎日新聞 2006/01/20)
コートジボワール:「国連撤退」求める群衆がPKO襲撃(毎日新聞 2006/01/19)

記事によると「アビジャンでは、群集が国営テレビ局を占拠」ともある。国営のRTI(Radiodiffusion Télévision Ivoirienne)のサイトでは、ニュースの録画映像を見ることができるが、特に変わりなく運営されているようにも見える(言葉がわかりません)。

また最近知ったのだが、国営のラジオ局はライブでストリーミング配信をしており、このページに埋め込まれたWMPで聞くことができる(サイトにはTelediaspora.netの表記がある)。僕が何度か聞いたところでは、音楽だけがかかっていて時折短いアナウンスが入るが、何を言ってるかはわかりません。


国際平和維持活動の50年(国連広報センター)
MSN毎日インタラクティブ:アフリカ・オセアニア
Yahoo! ニュース:アフリカ
BBC NEWS | Africa
posted by 犬TV at 08:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年01月20日

アビジャンが燃えている

UN condemns Ivory Coast violence (BBC)
Ivory Coast Protests Enter Fourth Day (YAHOO! NEWS / AP)
Embattled Ivory Coast peacekeepers head north (CNN)

日本語のニュースでは需要がないのかアフリカの話題をまとめているサイトがなかなかなく、Yahoo!ニュースにアフリカというカテゴリがあるが、コートジボワールでの出来事については今のところ一切報じられていない。どうしてもというのであれば報道機関ではないが、外務省海外安全ホームページのコートジボワールのページを見ると何が起こっているかわかる。

 2006年1月16日、国連決議1633に基づき設立された国際ワーキング・グループが、1月15日の会合において、憲法上既に任期を終えている大統領派中心の国民議会の任期延期を認めない結論を下したことを受け、右に抗議する「若き愛国者達」を中心とする多数の学生がアビジャン市内の攪乱を図ったため、道路が封鎖されたほかデモも発生しました。
 同16日には、コートジボワール西部ダロア(政府支配地域)で国連事務所が「若き愛国者達」約300名に襲撃され、国連車両10台程度が損害を被る等、同国各地で国連に対する襲撃等が発生しています。
 また、1月17日にも、16日に引き続き、仏を非難する「若き愛国者達」を中心とする学生数百人がアビジャン市の仏大使館前及び国連事務所に押しかけました。更に、空港に通じる橋梁も「若き愛国者達」等によって封鎖されたため、事態は混迷を深め、治安は極めて不安定化しています。
 つきましては、コートジボワールに滞在されている全ての邦人の方々に対し、 退避を勧告 します。同国に滞在されている方は、直ちに同国より退避してください。
また、コートジボワールについての貴重な日本語情報源その名もCOTE D'IVOIREというブログを発見。あとでゆっくり読むとして、取り急ぎ今回の件についてのエントリは「議会の解散に反対した若者の騒動(アビジャン他で)」。恐縮しながらトラックバックなどさせてもらいました。


クペ・デカレ!なんつってのん気に音楽とか聞いているのも良いが、その音が生まれた場所でどういうことが起こっているかを知るのかも大切なことだと、少なからず思ったわけです。

RTI [Radio Télévision Ivoirienne]
※録画ニュースをWMP形式でDL可能。僕は言葉わからないですが。

コートジボワール from ウィキペディア
コートジボワール共和国:基礎データ from 外務省
コートジボワール from ジェトロ
posted by 犬TV at 09:08 | Comment(2) | TrackBack(2) | 放送 - アフリカ

2006年01月17日

Music of Côte d'Ivoire

paradisefm.net

ページのデザインが独特のケバさをもったコートジボアールの音楽専門サイト。ストリーミングのプレイヤは新規ウィンドウに埋め込まれているWMP形式で、これまた派手なデザイン。クペ・デカレなど、ノリの良いアフロポップがかかっている。番組表あり。

コートジといえばRADIO JAMも良い。前にピンとこないとか書いてしまったが、聞いたタイミングが悪かったのだろう。

英語版Wikipediaの“Music of Côte d'Ivoire”という項目で、クペ・デカレについて触れられていた。

The Coupe-Decale created by Doucoure during the militaro-political crisis in Cote d'Ivoire,reflets the aspirations of the Ivorian youth.Coupe-Decale is a very melodious and percussive African samples,deep bases, rythmic and very well accomodated.It is a unique style.Coupe-Decale is about happiness,expresses the day life of the Ivorian society,and also gave an insight into the political situation of the country.The prominent artists of Coupe-Decale are Sagacite(Doucoure),DJ Brico,DJ Arsenal,Papa Ministre with his famous tune "coupe-Decale Chinois", and many others talented Ivorian artists.
posted by 犬TV at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年01月16日

Ghanaian Streaming Radio Stations その2

Sikaradio
※連絡先は米国ワシントンDC。HipLife/HighLifeチャンネルとGospelチャンネルがあり、新規ウィンドウでWMP埋め込みのプレイヤが開く。どちらもノンストップミックス。

SpaceFM 87.7
※ブロング・アハフォ州 (Brong-Ahafo)の州都Sunyani。ライブ配信用のWMPファイルはあるが、つながったことがない。サイトにも「回線が細くてつながらない。寄付募集」と書いてある。

PIPE Radio
※トップページにWMPのプレイヤが埋め込まれているのでロードされ次第、鳴り始める。アクラ発のインターネット専門局。ストリーミング配信の技術、ノウハウを提供する企業による運営で、放送そのものやコンテンツ制作が目的という感じではないようだ。ノンストップ・アフロポップ。

Vibe 91.9 fm
※ライブ配信用のファイル自体がnot found。

Voice Of Africa Radio (VOAR)
※The African community radio station in London。FM放送もしているらしい。MP3とRealでストリーミング。割とマジメな放送局のような印象。

おまけ
posted by 犬TV at 23:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年01月15日

Ghanaian Streaming Radio Stations その1

昨日のNjoyOnline.comで聞ける3つの放送局以外にも、ストリーミング配信しているガーナ系の局はたくさんある。言葉が英語なので、入り込みやすい。11局を半分に分けて、まずは前半。

ネタ元はMetagridのガーナのページ。だが、調べてみるとガーナからではなく、オランダやイギリスからの配信だったり。
これは、その地に多くの人が移住しコミュニティが確立し、情報のニーズに放送で応えている形だ。ヨーロッパはラジオでもデジタル放送網が確立しているらしいが、既存の放送の枠を超えて情報がインターネットのケーブルを流れ始めたのも必然的なことだろう。

オランダのガーナ系ポータルサイトが、現地ガーナの放送局を中継しているという例もあった。インターネットは世界中のディアスポラを接続する。僕はその“おこぼれ”に耳をすましているようなものだろうか。

どのサイトも接続状態は良く、現地時間で週末の午後〜夜にチェックしたためか、どの局でもノリのいい音楽番組を聞くことができた。

Akasanoma Radio
GFM Radio
Ghana Today
LiveGhanaMusic.com
Myjoyonline.com
RAINBOW RADIO

詳しく
posted by 犬TV at 06:50 | Comment(1) | TrackBack(1) | 放送 - アフリカ

2006年01月14日

HipLife from Ghana on NjoyOnline.com

NjoyOnline.com

ガーナ系ポータル。
サイトはアムステルダムで制作、管理されているようだが、ガーナの首都アクラにあるHOT FM 93.9Radio Gold 90.5 FM、クマシのKESSBEN 93.3FMの3局をストリーミングで中継している。

この週末はここをBGMに流しているが、3つもFM局があれば必ずどこかで音楽を流しているものだ。現地時間(UTCと一緒でJST-9)で金曜夜にはいいかんじのレゲエ番組が聞けたし、朝からアフロポップのノンストップミックスとか。

hotfmlogo.gifgoldlogo.gifkessbenlogo.gif


続きを読む
posted by 犬TV at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年01月09日

Radio from Benin

昨日の続きですが、

ベナンのTVを見ていて、映画『TAXi』が終わったら、よさげなCouper Decaler系サウンドがガンガンかかり始めて、しかもPVを見られるという幸せ体験。ただ、曲名やアーティスト名表記がまったくなかったのが残念でした。その後、ホーンセクションなどをしたがえた大所帯のバンドによるコンサート映像を流していたのも良かった。現地時間で日曜の夕方から夜にかけてのゴールデンタイムだったので、人気のある音楽コンテンツ中心の番組編成だったのかもしれません(日本との時差は8時間。ベナンにもゴールデンタイムがあるのか?)。

で、ベナン共和国。ウィキペディアで調べてみると、外国人タレント“ゾマホン”と“アドゴニー”の出身地と知り、なんとなく親近感がわいてきてしまいました。そんな訳でもう少し調べてみた結果、ラジオ局でストリーミング中継をしているところがあったのでメモっておきます。

fraterniteFM.gif
Radio Fraternite
golfeFM.jpg
Golfe FM


続きを読む
posted by 犬TV at 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - アフリカ

2006年01月08日

ベナン共和国のTVストリーミング

Television LC2 international et la Nationale TV2 - NTV2

logtv.gif「イカ天!世界のネットTVガイド」で紹介されていたベナン(ベニン)のテレビ局。トップページにWMPが埋め込まれていて放送をライブで見られる。また、音声のみをWinAmp、WMP、Realで聞くことも可能。LC2とNTV2というふたつの局が勝手に切り替わり、ユーザーが切り替えることはできない。

「イカ天!〜」の紹介ページには「主にアフリカン・ミュージックのビデオを配信」とあるのだが、僕が見た限りではトーク番組やドラマ(輸入物含む)の割合も多い。

beninTV.jpg
△ ドラマ(NTV2)

接続は安定しているが、音楽のプロモーション・ビデオなど画面の動きが速かったりカットが次々変わったりするとちょっと厳しいことも。ただし音声が途切れることはまずないから、ただ聞く分には問題ない。

続きを読む
posted by 犬TV at 18:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 放送 - アフリカ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。