2006年06月11日

Spy Number Station 電話で乱数放送?

Mein Fraulein(infovlad.net 2006/06/10)

infovlad.net6月10日付けエントリによると、電話によるナンバーステーション(乱数放送)のような番号が発見された、とのこと。

謎の番号は、世界規模の地域情報掲示板Craigslist(→関連)のニューヨーク版に掲載され(現在は削除されている)、Spooks Newsletterという乱数放送のメーリングリストで報告された。
参考:The 212-796-0735 mystery(Homeland Stupidity 2006/05/31)

For mein fraulein
Mein Fraulein, I haven’t heard from you in a while. Won’t you call me?
212 //// 796 //// 0735
1-212-796-0735

内容は約7分間。始まりと終わりには音楽がかかる。この乱数によって、誰が誰に何を伝えようとしているのか、もちろんそれはわからない。また、Craigslistのサンフランシスコ版とアトランタ版でも“For Mein Fraulein”で始まる同様のメッセージが見つかっている。

For Mein Fraulein
Mein Fraulein,
You must call me again soon.
///415///704///0402///
1-415-704-0402

For Mein Fraulein
Mein Fraulein,
I hear the weather in the South is good this time of year. Won’t you call me?
///678///248///2352///
※このメッセージは6.10現在でも掲示されている→For Mein Fraulein(atlanta.craigslist.org)
1-678-248-2352


乱数放送といえば北朝鮮が日本にいる工作員に向けて放送していたものが有名だが、北朝鮮の乱数放送は2000年に停止したといわれている。ただし日本での工作活動自体が終わったわけではなく、連絡手段が変わったとの見方が有力だ。

北朝鮮乱数放送の代表 A−3放送が全廃(アジア放送研究会 2001/01/03)
北朝鮮乱数放送(JO2OXL's Ham Radio and BCL Home Page)

インターネットや携帯電話網の発達した昨今でも、あいかわらず世界の国のいくつかは短波で乱数放送を飛ばしており、世界中の「ナンバーステーション」愛好家がその動向をチェックしている。乱数放送の存在を国家が公に認めなくても、電波が飛んでくる方向やその強さ、使われている言語や内容などから、どこの国の電波かが推測されるようだ。

ナンバーステーション(ウィキペディア)

Numbers Stations
※日本語による乱数放送の情報サイト。録音された音声ファイルもある。日本語の情報源としては、泉ホームページというサイトの掲示板がアツかったのだが、今見たらnot foundだった。

Spy Numbers Stations on Shortwave Radio
Numbers and Oddities
enigma2000
スパイご用達? 短波「乱数放送局」の謎(ホットワイアード 2004/11/15)
乱数放送受信レポート(アジア放送研究会)


乱数放送の持つ、サウンドとしての不気味な魅力にひきつけられたのはラジオ・マニアだけではない。乱数放送に限らず、ラジオが発する様々な音を多くのミュージシャンが作品に使用してきたが、アメリカのオルタナ・カントリー系バンドWILCOが2002年に発表したアルバム"Yankee Hotel Foxtrot"(→Amazon.co.jp)では、乱数放送の音声が使用され奇妙な著作権訴訟問題を起こした。

Wilco "Yankee Hotel Foxtrot"「楽器」としてのラジオ
(「楽器」としてのラジオ:関連ページ→Radio Sessions Gota + Largo Pantano

Wilcoの作品では、イスラエルのモサドによるといわれる乱数放送のひとつ"YHF"の音が使われている。アルバム名の"Yankee Hotel Foxtrot"も、このコールサインをあらわしたものだ。

ただしこの音声は、Wilcoが受信したものではなかった。イギリスのIrdial-Discsがリリースした"The Conet Project: Recordings of Shortwave Numbers Stations"には、世界を飛び交う乱数放送の音声が4枚組のCDに村録されている。WilcoはこのCDの中から音を使ったため、Irdial-Discsから訴えられ、使用料を払うことで和解したのだった。

録音したスパイ放送の著作権は誰のもの?(ホットワイアード 2004/06/23)
The Conet Project: Recordings of Shortwave Numbers Stations(Amazon.co.jp)
The Conet Project: Recordings of Shortwave Numbers Stations(関心空間)
posted by 犬TV at 12:20 | Comment(2) | TrackBack(1) | 放送 - 総合

2006年05月07日

放送→2.0?

フランス国立視聴覚研究所(INA)がネット公開した番組10万本の衝撃(B3 Annex 2006/05/03)
 →ソフトがタダになる時代(たけくまメモ 2006/05/05)
 →タダより儲かるものはない時代はくるか?(404 Blog Not Found 2006/05/06)
 →FIFTH EDITION(FIFTH EDITION 2006/05/05)
 →[memo]著作権、オープンソース、無形資産(DESIGN IT! w/LOVE 2006/05/06)

英国BBC放送のWeb2.0計画『クリエーティブ・ヒューチャー』の衝撃!!(FPN 2006/05/01)
 →BBCの「Creative Future」構想が意味するもの(B3 Annex 2006/05/03)

NHK番組のインターネット配信は2007年度にも全面解禁(スラッシュドットジャパン 2006/05/05)
NHK懇談会が中間報告 アーカイブスのネット公開(Kißlegg's blog 2006/04/22)
フジテレビの動画SNS「Watch Me!TV(ワッチミー・ティービー)」は成功するか?(ソーシャルネットワーキング.jp 2006/05/06)

Skype 2.5ベータ+SkypeCastプレビュー(Skype日本語ブログ 2006/05/03)
 →最大100人参加の会議通話ができるSkypecast発表(スラッシュドットジャパン 2006/05/04)


この手のサービスの成否の鍵は(……ってそんな話はあちこちでさんざんされているのだと思うけど)「公共性」にあるのではないかと思う。「公共」という言葉が意味するものをどうイメージするかということにも関わってくる。

制作者の権利は保護されるべきだし、企業や組織や個人の生活を維持するためには利益や報酬を生み出さなくてはならない。その一方で、自らの持つ資産を、顧客だけではなく「みんなのもの」として公に投げ出すことがなければ、情報サービスは成立しない。業種にもよるだろうが、多かれ少なかれそういう要素があるのではないだろうか。文化事業とか寄付とか地域貢献とかをしなくても、社会から利益や報酬を得ようとすれば、その主体は公共的な存在にならざるを得ない。

デジタルデータに変換された資産をインターネットというインフラを通じてリリースするとき、その情報にどのような制限をつけるか、つけないか。それによって実現された公共性をどのように利益に結び付けていくのか。昨今のウェブに関するなんやかんやを通して、利益だけでなく公共性だけでもなく、それらの相互作用によって成り立つモデルが模索されているのではないだろうか。


リンクの最後のSkypeCastは100人参加の会議通話。いろいろな使い方がありそうだ。役所や大企業の既得権を守りたい姿勢丸出しで放送と通信の融合云々の話が進んでいく一方で、個人レベルで100人ネット会議みたいなことができてしまう。その建前と現実の乖離はかなり致命的な気がする。
近そうで遠い「通信と放送の融合」の夜明け(森祐治・情報経済を読み解く 2005/12/02)
posted by 犬TV at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - 総合

2006年03月10日

遠隔操作受信機

WebRADIO@anyPlace

WebRADIOといっても、放送局のストリーミング配信や無数にあるインターネット放送局とは違う。ウェブを通してラジオを聞く……まさに「ウェブ・ラジオ」!

例えばこういうことだ。

ある無線愛好家が、自宅に設置した受信機をPCとつなぐ。PCからは受信機を操作できるほか、受信した音声を取り込んでいる。PCはウェブサーバにもなっていて、音声がリアルタイムでエンコードされてストリーミング配信されていると同時に、インターネットを経由して受信機を遠隔操作することもできる。

つまり、インターネットにつながってさえいれば、どこか別の場所にあるラジオを操作し、受信した音声をその場所の電波状況に応じて聞くことができるのだ。

webradio-console.jpg
WebRADIO@anyPlaceの画面


続きを読む
posted by 犬TV at 19:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | 放送 - 総合

2006年01月10日

秘密局活動状況

ドイツのMathias Kropf氏が毎年行っている秘密局調査は、“Clandestine Activity Survey”と題して年末に概要が発表される。「月刊短波」の毎年1月号にその和訳が掲載されるので、バックナンバーから抜き出して1999年以降の動向をまとめてみた。

調査結果は、政治的な秘密放送の活動をターゲット地域別に週あたりの平均放送時間(WBH=Weekly Broadcast Hours)で算出している。

 1999200020012002200320042005
合計1116136814321732171812291195
アジア819958104513121415920841
南北アメリカ176176176162162166162
アフリカ114227211242125127192
オセアニア7701616160

Mathias Kropf氏自身のウェブサイトは存在しないようだが、毎年調査結果が発表されるリリースには連絡先が明記されているので、コンタクトを取る際は、各サイト、ニュースレター等を参照のこと(こことか→Clandestine Radio Watch)。

この他に調査結果では、ターゲット国別上位3位のWBH、新たに対象になった国、対象から外れた国を知らせている。

“Clandestine Activity Survey”和訳転載 from 月刊短波
posted by 犬TV at 21:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - 総合

2005年12月17日

ストリーミングをリッピング

SHOUTcast(iTunes)のストリーミングを保存していくオープンソースソフト、その名も“streamingripper”。WinAmpのプラグインとして有名みたいだが、WINDOWSではDOS窓で使うコンソール版もあって、下記のリンク先ではその使い方を説明している。

streamripper.exeマニュアル
ストリームリッパー 特集

ストリーミング放送を録音したい!という欲求は実はそれほどないのだが、機会があったらいつかやってみようと思っていたら、世の中にはそのためのソフトがいろいろあるようで。

ネット向けの録再ソフト「Baile de disfracas」v4.7 from 窓の杜

これはいわゆる「仮面舞踏会」として知られているソフト。SHOUTcast以外でも聞くことが多い人は、こういうソフトを使う方が便利だろう。音量のレベルさえ注意しておけば、簡単に録音することができる。ただし他のソフトでクリックした時に出る音や、メール着信音なんかも一緒に録音されるので注意が必要だ。

しかし考えてみれば、こういう特殊なソフトを使わなくても録音ってできることはできるのだった。

ストリーミングデータの保存と変換 from ストリーミングメディアガイド

ちなみに僕は、録音/編集に“SoundEngine Free”を使用。

※音質のことを考えたら、もちろんstreamripperとかソースを直接ダウンロードするのは一番良いのだけど。
posted by 犬TV at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放送 - 総合

2005年12月09日

地下放送局、秘密局 〜短波放送の政治的利用〜


タイトルが漢字だらけになってしまったが、「地下放送局」「秘密局」という言葉には、ドキドキさせる魅力がある。

pic_radioinsurgente.jpgこちらは叛乱ラジオ。メキシコ南東部の山中より放送中。叛乱ラジオの最初の銀河系放送に、ようこそ。EZLNの声、叛乱ラジオは、短波の49m周波数帯、5.8メガヘルツで放送。最高政府が妨害電波を流した場合、海賊版CDにて中継……「2003年8月9日に流されたマルコス叛乱副司令官による叛乱ラジオの紹介の一節」冒頭。メキシコ先住民運動連帯関西グループのサイトから)

「月刊短波」の情報を見ると、世界にはVOBI(ビアフラ共和国亡命政府の地下放送。昨日の記事参照)のような“秘密局”が他にも多数存在するようだ。

主に政治的な目的を持って制作された秘密局の番組は、その多くが(VOBIと同じように)第三国の送信所から送信され、そして時にはジャミング(妨害電波)をかけられる。

また一方では、合法的な放送局や送信所も、国境を越えて長い距離を飛ぶ短波の特性を活用し、政治的な宣伝などにしばしば利用されている。

続きを読む
posted by 犬TV at 03:56 | Comment(0) | TrackBack(2) | 放送 - 総合

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。