2006年06月03日

アフリカゾウと音カメラ 〜聞こえない声を見る〜

何日か前の夜中にふと目が覚めてテレビをつけると、NHKで「ダーウィンが来た!」という動物番組を再放送していた。寝ぼけていたので記憶があいまいだが、ゾウが、人間には聞こえない超低周波の声で会話をしているという話。ゾウの言葉を視覚化するために、振動など低周波音公害の分析用に開発された「音カメラ」というマシンが使われていた。

画面に映るゾウの群れ。一頭が声を発すると、そのゾウの周りにパパッと色がつく。他のゾウがそれに応えると、今度はそっちのゾウの周りに色がつく。撮影クルーに同行したゾウの研究者ジョイス・プール博士が、映像を見ながらゾウの会話を人間の言葉に訳すのもおもしろかった。もちろん博士にもゾウの声は聞こえないが、長年の研究からゾウの耳の動きを見て、何を言っているのかがわかるという。

プール博士の翻訳によると、ゾウたちは、「ライオンが来たぞ!」という命にかかわるような内容から、「一緒にあっちに行こうよ」「わたしたちはまだここにいたい」といった何気ない会話まで、彼らの言葉でコミュニケーションしていた。

参考:
ダーウィンが来た!:第8回「アフリカゾウがしゃべった!」
ダーウィンが来た!:取材ウラ日記
世界初!音が見える!音の映像化装置の実用化(熊谷組プレスリリース 2001/06/13)


「聞こえない音」で思い出したのは、これ。

[NEWS] 子供にだけ聞こえる着メロ - Mosquito alarm(DIGITAL DJ)
posted by 犬TV at 22:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年05月27日

Elephants Dream

Elephants Dream

s5_both_t.jpg全てオープンソースのソフトで作られた3DCGアニメーションのショートムービー。

データがウェブで公開されてから日にちも経ってるけど、まだアクセスが集中しているのかほとんどつながらず。でもBittorrentを使ったらあっさりすんなりダウンロードできた。今回のようなファイルの配布は、まさにBittorrent向けのケースなのかもしれない。

3DCGについてはよくわからないけど、映像を見て「全部フリーソフトで作ったのか、すげーなー」と思うのは、そうやって大々的に作られて広くリリースされた作品がはじめてだからだろう。作品自体クリエイティブコモンズのライセンス(BY2.5)で配布されているけど、同時にオープンな環境で作品を制作するという方法論が公開され、今後検討され、普及していくことがこの作品の大きな意義となるはずだ。作品を観た多くの人が「どうやって作られたか」を気にすることなく、作品そのものを楽しむようになるのは、そう遠い未来の話ではないかもしれない。

なお、Jan MorgensternというアーティストによるサウンドトラックもCCのBY-NC-NDで公開されている(→ZIP 13MB


関連リンク:
エレファンツドリーム、Web上に正式公開(Blender.jp 2006/05/19)
エレファンツドリーム DVD に関するあれこれ(Blender.jp 2006/05/14)
Openな映画Elephants Dream(スラッシュドット ジャパン 2006/05/25)
Orange Project:初めての「オープンソースムービー」への挑戦(japan.linux.com 2005/06/14)
posted by 犬TV at 05:05 | Comment(0) | TrackBack(1) | 観る

2006年05月12日

複数の視点 「撮られっぱなし天国」と台湾アイドルとチボ・マット

2004年10月にNYのマディソン・スクエア・ガーデンで行われたコンサートを収録したビースティ・ボーイズ“AWESOME; I FUCKIN’SHOT THAT!”

awesome.jpg予告編:
Oscilloscope Laboratories

コンサートの模様を収めたカメラは61台。そのうち55台は会場のファンに配られ、観客の視点で撮影された。撮影に関して素人の彼らは事前に「やりたいことをやれ、ロックしろ、映画制作者になりきれ、舞台裏に忍び込んでみろ、ただし、テープは回し続けるんだ」という簡単な指示だけを与えられたという。ビースティーズのメンバーでこの作品を監督したMCAことアダム・ヤウクによれば「平均で1分あたり75のカットが入っている」そうだ。

会場のファンたちと撮影・共作したコンサート映画(HOTWIRED 2006/01/23)

ビースティーズはベテランだしオーソリティだしコンサートの規模はでかいし“Awesome〜”には120万ドルという制作費がかけられている。だがMCA監督はこの映画の目標を「初期のパンクやヒップホップのムーブメントに見られた『手作り』の精神をつかむこと」としている。大量の素人ビデオが次々とカットアップされる映像を、従来の一般的なコンサートフィルムと比べて質が低いということもできるだろう。「標準化された」ライブ映像からは伝わらないグルーブを“Awesome〜”は生み出すことができたのか、観るのが楽しみだ。

“Awesome〜”のスタイルが、どのように認知されるかはともかく、ビデオが身近な存在になりネットを通じて共有される近頃の感覚とリンクしているのは間違いない。この作品を自ら“authorized bootleg(公認の海賊版)”と呼んでいるのも、メジャーアーティストとしてはオープンソース寄りのスタンスを保ち続けてきたビースティーズらしい。彼らは、まだYahoo!のアドレスがakebono.stanford.edu/yahooだった頃からオフィシャルサイトを立ち上げていた。最近では、WIRED誌によるクリエイティブ・コモンズのライセンスつきCDに楽曲を提供したり、マッシュアップ用に公式サイトでボーカルトラックのデータを公開したり。アートフォームとしてのオールドスクール・ヒップホップを愛し続け、実践し続けてる感じが素敵じゃないですか。

“AWESOME〜”は今年1月サンダンス映画祭での初上映を経て3月末からアメリカで劇場公開されていた。さらにアメリカでは7/25にDVDリリース。東京でも7/29から劇場公開される。邦題は「撮られっぱなし天国」。なんだよそのタイトル。

関連:
ビースティーのあの映画、DVDリリース(tonotype 2006/05/10)
Beastie Film(C O U L D 2006/01/11)
映画 『 Awesome: I Fuckin' Shot That 』(Listen Up 2006/03/19)
BEASTIE BOYS(BARKS)


続きを読む
posted by 犬TV at 07:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年05月07日

Who Owns Culture?

Who Owns Culture?(YouAreTV)

WhoOwnsCukture.jpg

ローレンス・レッシグ教授のスピーチ+スライドのビデオ。20分くらい。スピーチ自体は昨年2005年4月のもの。

"Who owns Culture?"のビデオ(CNET Japan Blog - Lessig Blog (JP) 2006/04/11)
posted by 犬TV at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年05月02日

パレスチナのヒップホップ

slingshothiphop.jpgSLINGSHOT HIP HOP - the Palestinian lyrical front

パレスチナのラッパー達の姿を収めたドキュメンタリー。サイトでは予告編も公開されている。監督はパレスチナ系アメリカ人Jackie Salum。2006年完成予定とのこと。

この作品の制作を支援するためにリリースされたCD“Free the P”には、映像にも登場するイスラエルのアラブ系グループDAM(Da Arabian Mc's)や、ガザ地区のP.R.(Palestinian Rappers)のほか、アメリカのパレスチナ人グループThe PhilistinesIron Sheikなどが楽曲を提供している。サイトでは試聴も可能。


続きを読む
posted by 犬TV at 04:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年04月30日

「龍が如く」改め“YAKUZA”

yakuza.jpg

日本では昨年12月に発売されたプレステ2用のゲーム「龍が如く」。これが今秋にアメリカで発売されることが決まった。タイトルは“YAKUZA”。僕はゲームに全然詳しくないし、プレイもしていないのだが。

YAKUZA(Sega of America)

作品で描かれているのはズバリ極道の世界。映画にVシネ、書籍、マンガ、実話系週刊誌と、僕らは虚実ひっくるめてあらゆるヤクザ関連の情報に触れることができる割には、今現在この社会で彼らがどう活動しているかをよく知らない(ある意味では知る必要がないのかもしれないけど)。ただこのゲームのデモムービーとかを見てあらためてわかったのは、世界的に見ればヤクザが日本のコンテンツになりえるということだ。しかも、ゲイシャやブシドーが過去の話であることに比べると、ヤクザは現役で活躍中。ようこそジャパン

関連記事
posted by 犬TV at 15:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 観る

かにゴールキーパー

kanigoalkeeper.jpg

かにゴールキーパー公式サイト

いかレスラーを越えられるのか!? 越えて欲しいけど、越えてほしくないような、どうでもいいような。食べ物としては、イカよりカニの方がずっと好きなんだけど。

関連エントリ:
『Rockers』と『えびボクサー』をケーブルで観た
posted by 犬TV at 03:21 | Comment(0) | TrackBack(4) | 観る

2006年04月28日

Gnarls BarkleyのPV

gnarlsvideo1-2.jpgはじめてダウンロード販売だけでチャート1位になった曲(→関連)ことGnarls Barkley "Crazy"のビデオは、ロールシャッハ。精神分析で使われる左右対称のインクのしみ。あれが動いて、Danger MouseやCee-Loの顔になったりならなかったり。

こっから見た(形式はWMPかReal)→Gnarls Barkley - Crazy(wanadoo)

BBCの音楽番組“TOP OF THE POPS”に出演した際の映像も見たら、Cee-Loとバンドメンバーがパイロット&アテンダントのコスプレをしながら熱く歌い上げていた。

関連:
Gnarls Barkley: "Crazy" Video(Cool Hunting 2006/04/27)
posted by 犬TV at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

クリエイティブ・コモンズのテレビ番組

First MX TV video(Joi Ito's Web 2006/04/28)

JoiTV01.jpg伊藤穣一氏がホストを務める、クリエイティブ・コモンズについてのテレビ番組。ディレクターは中野裕之氏。MXテレビで7月から週一回の番組を始めるそうで、今回はウォームアップの単発50分バージョン。放送は明日29日の21時から。

 テクノポリス東京スペシャル
 ITの伝道師伊藤穣一が語る、ネット文化の新潮流
 出演:青野慶久(サイボウズ株式会社)、滝澤琢人(ソリッドネットワークス株式会社)

番組自体にCCのライセンスがつけられ、伊藤氏のサイトからムービーデータ(.mov)をダウンロードできるようになっている。

内容は、CCとは何か、どのように使われ、僕らがそれによってどんな幸せを得られるのか。そんな感じの概要が、割と番組の最初の方にぎゅっと詰められている。

JoiTV02.jpg日本ではまだCCに関する(特に実践的な)情報が少ないし、コンテンツの受け皿もあまりない。今後日本でCCが普及していくのであれば、この番組はその初期の一歩になるだろうし、普及のためにはこんな風にいろんな形でCCを知らしめていくことが必要になるだろう。クリエイター自身が意識的にCCを使っていかなければ普及はない。逆にクリエイターたちがそのメリットに気づけば、多くの音楽・映像作品がCCとともに拡がっていく可能性がある。

番組中で伊藤氏も触れていたが、CCは既存の著作権を否定するものではない。従来の著作権では扱いきれなくて不自由になっている部分を、従来のシステムに沿った形でフォローすることで、CCは作品を解放する。不自由な状態にあることに無自覚なクリエイターがCCに出会い、埋もれたコンテンツをリリースするということを体験できる場をどう提供できるか。

番組には、実際にCCで公開されているコンテンツも多く挿入されている。それからお宅拝見番組風に伊藤氏&奥さんのプライベート・ショットも。ってか後半はずっとそんな感じ。その他の出演は、ネットの方のムラジュンこと村井純氏など。


ついでに今さっきチェックしたCC関連のリンク:
Amazing entries at the Crammed Discs Remix Contest(Creative Commons Blog 2006/04/27)
※コンテストのエントリ受付が始まった→関連
Podcasting Legal Guide From The Creative Commons Foundation(Indieish 2006/04/27)
CREATIVE COMMONS IN SL: THE CONDUCER OF MIA WOMBAT(New World Notes 2006/04/24)
posted by 犬TV at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年04月25日

以心電信カップルクイズ

「以心電信情人なんちゃら問答」。中国語だからよくわからない。そんなタイトルのクイズ番組、じゃなくてオレンジレンジの「以心電信 Takkyu Ishino Remix」のPV。

バンドのメンバーは一切出演せず、解答者のカップル3組、司会者、アシスタント、スタッフによって番組が進行していく。喋りはみんな中国語。画面は暗く微妙に荒れている。「この映像は一体何なのか」脳ミソが処理できない気持ち悪さ。

ishindenshin.JPG

オリジナルバージョンはテレビで流れているのを聞いたことがあるくらいだけど、このリミックスで原曲はほとんど使われていないのではないだろうか。ボーカルトラックが聞こえるのもサビぐらい。そもそもこのPVでは、常に出演者や司会者の声がかぶっているし、クライマックス(?)に至ってはしばらく曲が止まる。肝心の曲が、限りなくBGMに近い使われ方をしている、そんなPV。

監督は井上卓という人だそうです。

ORANGE RANGE/Squeezed(Sony Music Online Japan) ※試聴とか
井上卓 インタビュー(日産:キューブ Cube Blog)

卓球といえば川辺ヒロシとのユニットInkのビデオも見た。こちらはライブの模様を収めた映像でなかなかかっこよかった。ずっと昔の、今よりもっとシーンが小さくてテクノもヒップホップもレゲエもハードコアも一緒くたみたいな感覚が懐かしい。年をとったってことだ。

石野卓球と川辺ヒロシによる新ユニット“InK”がデビュー作をリリース!(CDJournal.com 2006/03/08)
posted by 犬TV at 16:11 | Comment(2) | TrackBack(1) | 観る

みんなのアイドル

American Dreamz :: In Theaters April 21

AmericanDreamz.jpg21日から米国で公開されている映画『アメリカン・ドリームズ』について。日本在住の僕は未見です。

アメリカン・ドリームズは、オーディション番組『アメリカン・アイドル』(日本ではFOX JAPANで放送されている)のパロディ映画だ。かなりアホな大統領が登場したり、オーディションを勝ち抜いていくイラク移民が実はアルカイダのテロリストだったりと、現実と絶妙にシンクロしながらもメチャクチャといえばかなりメチャクチャな設定。

ネタ元:
アイドル誕生番組に勝ち抜いて大統領に自爆テロ!(ベイエリア在住町山智浩アメリカ日記 2006/04/22)
※映画解説。続きは町山氏がレギュラーのラジオ番組で、とのこと。ポッドキャストもあるみたい。
via 日本じゃ真似できない(what's my scene? ver.7.0 2006/04/23)

普段新聞を読まない大統領がたまたま読んだ新聞でイラク情勢を知るっていう設定が、100%の創作ではないあたり、アメリカ恐るべし。新日本プロレスの社長だった当時の藤波辰爾(aka ドラゴン)が、社長であるにもかかわらず、社内で起こっている問題を東スポの記事で知り「うちの会社はこんなことになっていたのか!」と叫んだっていうのとは訳が違う。いや、同じか?


続きを読む
posted by 犬TV at 01:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 観る

2006年04月21日

ナツコ〜沖縄密貿易の女王

ナツコ〜沖縄密貿易の女王

ヒストリーチャンネル・ジャパン ハイビジョン制作番組

放送日: 4月22日(土) 20:00 - 21:00
再放送: 4月25日(火) 21:00 - 22:00、ほか

東シナ海の海を小さな船が波を切って進んでゆく。その舳先には、一人の女性が立っている。スカートをひるがえしたその姿は威風堂々としていた・・・。第二次世界大戦下、沖縄では日本軍は降伏し、米軍に占領された沖縄の人々は、収容所に押し込まれ、わずかな配給で飢えをしのいでいた。しかし、沖縄本島の惨状から、遥か離れた与那国島では、米軍の支配下とは関係なく、まったく新しい自由貿易、いわゆる密貿易が公然と行われていた。その密貿易の頭領として、大の男達を率いていたのが「ナツコ」という若い女性であった・・・。第27回講談社ノンフィクション賞受賞作品の映像化。

ナツコとは:
1915年、徳之島に生まれた「宮城夏子」は、15才で両親とともに糸満へ移り、魚の行商を行う。18才で兄弟をたよってフィリピンへ渡り、22才で金城常次郎と結婚、二女をもうける。戦争で夫を失った後、商売のために二人の娘をおいて貿易を開始。華僑や関西商人と手を結んで得た利益は、一航海で現在の数億円にのぼり、砂糖、米、家畜、ペニシリン、あめ玉まで運んだ。米軍が陸揚げした薬莢を扱う「香港商売」ではその倍を売り上げた。

ヒストリー・チャンネル
posted by 犬TV at 18:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年04月20日

TVチャンピオン「ゆるキャラ日本一決定戦」

TVチャンピオン
「ゆるキャラ日本一決定戦」

topsugi.jpg

個人的に、テレビ番組としては近年まれに見る良作。

続きを読む
posted by 犬TV at 22:07 | Comment(3) | TrackBack(1) | 観る

2006年04月15日

THE MAKING OF TAJIRI

GAORAで“THE MAKING OF TAJIRI”という番組を見た。TAJIRIことプロレスラーの田尻義博氏を扱ったドキュメンタリー。

同じリングを舞台にしながらも格闘技系に比べて落ち込んでいる感のあるプロレス。個人的にはプロレスも好きで、さらに言うと、プロレスの舞台裏を扱ったノンフィクションは映像・文章問わず結構好きだったりする。そんな僕好みの番組だった。

tajiri.jpg


続きを読む
posted by 犬TV at 10:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

2006年04月13日

AFRICAN QUEEN on PHAT GIRLZ

Phat Girlz

PhatGirlz.jpgアメリカで先週から公開されているコメディ映画。
映画の公式サイトを開くと、サントラに使われている2Face Idibiaの“Africa Queen”が流れ始める。ってのが個人的にはポイントなのだが、2Faceについてはあらためて書くので「続く」ってことで。

この映画でモニークが演じる主人公の女の子は、ファッションデザイナー志望で体型がPhat。
そんな訳で悩んだり太め仲間と慰めあったりしていたある日、彼女はリゾート地でナイジェリア人の男性医師と出会う。このナイジェリア人が“太った女性=美しい”という文化で育ったが故に主人公にベタぼれ。予告編では、そんな奇跡のロマンスのバックに“Africa Queen”がかかっていた。→紹介@junglecity.com


関連エントリ:
HipLife from Ghana on NjoyOnline.com
posted by 犬TV at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 観る

2006年03月18日

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society

[ ビジュアル フラッシュ! ] バンダイビジュアル株式会社より
大ヒットを記録したTVアニメシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』、『攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG』。
本シリーズの完全オリジナル長編新作『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』(100分予定)の製作が決定しました。
アニメーション制作はプロダクション I.Gで、2006年夏に完成する予定です。

プロダクションI.G ■詳細はこちら



プレスリリース(PDF形式 from JASDAQインターネット開示システム)より
西暦2034年。難民蜂起事件から2年が経過していた。新人20名を増強した新生公安9課に新たな事件が舞い込んできた。梵の刺青を入れた13人のテロリストの連続自殺事件に絡む空港人質立て篭もり事件の鎮圧だ。結果、公安9課に追い詰められた立て篭もり犯は「傀儡廻(くぐつまわし)が来る」と言い残し自ら命を絶ってしまった。時を同じくして数々の難事件が同時に多発していく・・・その影に潜む超ウィザード級ハッカー「傀儡廻」の存在。
新生9課の前に次から次へと立ちはだかる難事件すべてが芸術的にリンクしていく。「傀儡廻」とは?バトーと素子は?「傀儡廻」と素子の関係は?すべての事件の犯人は?そして結末は?謎が謎を呼ぶSolid State Society。


タチコマは出てくるかな? “Solid State Society”を翻訳させたら「固体物理社会」と出てきたけど、Solid Stateは半導体(だったと思う)。そういえばYMOのアルバムに“Solid State Survivor”ってのがありましたな。


『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』 from 猫屋(私立犯罪精神研究所)
『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society』 from 野良犬の塒
posted by 犬TV at 14:12 | Comment(1) | TrackBack(2) | 観る

2006年03月16日

2006年01月28日

鈴木清順

チャンネルNECOで、「東京流れ者」「殺しの烙印」。


続きを読む
posted by 犬TV at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 観る

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。